FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

昨夜の祈祷会

私が通う小松川教会で昨日の夜に行われた祈祷会では、


聖歌は、

聖歌584番「あたらしき地に」

聖歌292番「きょうまでまもられ」(参加者のリクエスト)

聖歌623番「いつかは知らねど」

を歌いました。

今回歌いました、

聖歌584番「あたらしき地に」は、“新聖歌398番”になっております。

参加者のリクエストで歌いました聖歌292番「きょうまでまもられ」は、“新聖歌171番”にもなっております。

また、聖歌623番「いつかは知らねど」は、“新聖歌465番”になっております。



お祈りでは、まず参加者皆で旧約聖書の「エゼキエル書37章24節」を読み、私は、

「土曜日のハンドベル練習のこと」

「今度の礼拝のこと」

をお祈りしました。



聖書の学びは、旧約聖書の

「ホセア書4章1~19節」

を学びました。


ホセア書4章1~19節は、

“国民の罪”(4章1~3節)
“祭司の罪”(4章4~10節)
“偶像崇拝の罪”(4章11~14節)
“ユダ王国への教訓”(4章14~19節)

に分かれています。


4章1~3節は、ホセアが告げる神の告訴状です。

神はイスラエルを、
2節「呪い、欺き、~流血に流血が続いている。」
と言われています。

経済的繁栄の中にありますが、世の中は荒んでいます。

3節「それゆえ、この地は渇き、~一掃される。」
この世が辿り着く世界を述べています。

この現実は、本来戒めるべき“祭司”が助成しています。

祭司こそまず、悔い改めなければならないと、神はホセアに告げます。

8節「彼らは~当てにしている。」(彼ら→祭司)
律法とは、本来神との関係を良好にするためのものでした。

罪を示し、罪から清められることを目的として守られてきました。

しかし、そこには平安はありません。
罪を犯さないことはありません。
それを祭司は知っています。

そこから引き起こされる“神の裁き”、この世を一掃されようとする神の怒りがあります。

しかし、キリスト者には希望があります。

それは、自らを贖罪の献げ物となった主イエス・キリストです。

再臨の日に私たちは裁かれますが、主イエス様の血潮によって贖われた者は罪を赦されます。




日本基督教団小松川教会の祈祷会では、
新共同訳聖書(日本聖書協会)
聖歌(日本福音連盟)
(時期によっては1954年版讃美歌)
を使用しています。
スポンサーサイト



  1. 2018/05/24(木) 12:32:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲 | ホーム | 今日は聖霊降臨日礼拝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/988-8c799add
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)