FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

今日から通常の礼拝が始まりました

私が通う教会では、今日から通常の礼拝が始まりました。


先週の元旦礼拝に来られなかった方もいましたので、今日の礼拝で新年の挨拶を交わす方もいました。



今日の礼拝では、


讃美歌は、

讃美歌121番「馬槽のなかに」

讃美歌122番「みどりもふかき」

讃美歌544番「あまつみたみも」(頌栄)

の3曲を歌いました。


パイプオルガンの演奏もあり、

J.S.バッハ「汝にこそ喜びあり BWV615」

の演奏もありました。


聖書朗読は新約聖書の

「マタイによる福音書2章19~23節」

を読まれ、説教は

「ナザレの人イエス」

という題で、聖書朗読した箇所を中心に話されました。



それに、今年の教会標語が決まりました。

新約聖書の
「コリントの信徒への手紙II5章17節」
になりました。


『だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた』(新共同訳聖書)
です。

新改訳聖書(第3版)では、
『だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。』
となっております。
スポンサーサイト



  1. 2018/01/07(日) 15:26:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年最初の聖歌隊練習 | ホーム | 聖イグナチオ教会“メサイア演奏会”へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/870-3c6b8c98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)