FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

「いつくしみ深き」と「あめには御使い」


(※先日の日記の内容と一部重複する箇所がございます)

今日の礼拝では、
讃美歌の
「いつくしみ深き (讃美歌312番)」
「あめには御使い (讃美歌158番)」
を歌いました。


讃美歌312番の「いつくしみ深き」は、文部省(現:文部科学省)唱歌「星の界(よ)・星の世界」という曲名になっています。

私が小学生の頃、音楽の教科書に「星の世界」という曲名で讃美歌312番とは異なる歌詞で載っており、授業で習ったことがあります。

この讃美歌312番の「いつくしみ深き」は、結婚式で歌われることがあり、お葬式でも歌われることがあります。


もう1つの、讃美歌158番の「あめには御使い」は、ベートーヴェンの「第九(喜びの歌)」と同じ曲です。

この曲も私が小学生の時に「よろこびの歌」という曲名で音楽の教科書に載っており、授業で習い、ソプラノリコーダーの演奏をしました。
リコーダーの演奏で、どうしても間違えてしまう箇所があり、なかなか克服出来なかったことがありました。

長い年月が経過し、現在は教会でのハンドベルの課題曲になっています。

ハンドベルの課題曲としては今回で2度目になりますが、前回とはアレンジが異なっています。
ハンドベルの練習をする時、間違えやすい箇所がありますが、4月の本番の奉鐘までには克服したいです。


私が通う教会は1954年版の讃美歌の本を使っていますが、聖歌の本を使うところでは、
「いつくしみ深き」(讃美歌312番)は新聖歌209番になり、
異なる歌詞で「罪とがをにのう」(聖歌607番)
で、
「あめには御使い」(讃美歌158番)は、「御神の愛をば」(聖歌85番・新聖歌22番・聖歌総合版25番)
という曲名で、歌詞も異なっております。


尚、カトリックでは「いつくしみ深き」はカトリック聖歌657番になっています。


私は教会に通うようになって、この2曲が讃美歌にあるということを知りました。
スポンサーサイト



  1. 2017/02/26(日) 13:16:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今月の鳥居坂教会パイプオルガンコンサート | ホーム | 今月の小松川教会チャペル・コンサート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/623-bedb1b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)