FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

第26回荘厳司教ミサへ


今日の午後は、東京カテドラル聖マリア大聖堂での“荘厳司教ミサ”に行きました。

この荘厳司教ミサは、今回で26回目を迎えます。

私が行き始めたのは20回目からなので、今回で6回目になります。

今回のミサのテーマは、“すべての死者のため”でした。

このテーマは5年に1回行われるので、私は今回で2回目となります。


私が現地に着いたのは午後1時を回っており、既に多くの人が来ており、入場整理番号は351番でした。

中に入った時も、大勢の人が席に着いていましたが、何とかベンチ席の1番後ろに座ることが出来ました。
この荘厳司教ミサは、初めに諸聖人の連祷があり、その後にミサが行われ、ほぼ全てラテン語で行われます。


午後1時40分から諸聖人の連祷が始まり、聖人に対しての祈りがありました。

祈り1つ1つにオルガンの演奏があり、歌を歌うような感じの祈りでした。

ミサが始まり、まず、聖歌隊による聖霊賛歌や天使祝詞があり、その後入祭の歌として「死者ミサ」を聖歌隊と会衆が交互に歌いました。
続いて「日暮れて四方はくらく」を歌い、司祭による挨拶がありました。

あわれみの賛歌や集会祈願やイザヤ書からの聖書の第一朗読があり、答唱詩編やアレルヤ唱がありました。

続いてヨハネによる福音書からの福音朗読や説教がありました。

そして共同祈願があり、その後「やさしきみ母」を歌いながら奉納(献金)があり、献香を受け奉納祈願がありました。

叙唱前句と感謝の賛歌を歌った後は第二奉献文を読み、その後は主の祈りや平和の挨拶があり、平和の賛歌を歌いました。

次に拝領前の信仰告白の後に聖体拝領がありました。
聖歌隊の賛美の中で、多くの人がご聖体を拝領したり祝福をしてもらったりしていました。
聖体拝領の後は拝領祈願がありました。

最後は会衆が「われ神をほめ」と「めでたし海の星(シューベルト)」を歌いながら、司教団退堂となりました。

司教団退堂の後は「かみともにいまして」を歌い、会衆退堂となりました。


私は毎年このミサに行く度、司教団の入堂と退堂はとても迫力あると思います。

今回会衆退堂の時に歌った「かみともにいまして」は、今年の上旬頃、私と私が通う教会の人達で成田空港で合唱しました。
スポンサーサイト



  1. 2016/11/05(土) 22:12:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<かみともにいまして | ホーム | 今日は聖歌隊集中練習>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/544-794eeaa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)