FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

佐々木良子牧師最後の礼拝



今日の礼拝は、佐々木良子主任牧師の最後の礼拝でした。

日本基督教団小松川教会に赴任して13年間、その内6年間を主任牧師として勤めていました。

最後の説教題は、
「復活 苦しみの実り」
(イザヤ書53章7~12節より)
でした。

聖歌隊の奉唱もあり、課題曲の「主は今生きておられる」を歌いました。
緊張することなく無事に歌うことが出来ました。

それに、今日は洗礼式と転入会式がありました。
讃美歌199番を歌いながら洗礼式を見ていると、自分が洗礼を受けた日のことを思い浮かべます。

私は佐々木牧師が主任牧師になって、最初の洗礼者となりました。

洗礼前の勉強会では、毎週水曜日の夜にマンツーマンでキリスト教のことを学びました。

6年前佐々木牧師も私も洗礼は初めてのことなので、緊張したりしましたが、何とか無事に洗礼を受けることが出来ました。

その後も洗礼者や転入会者が何人も現れて、数多くの人をこの教会に導いたことだろうと思います。

以前、キリスト教ラジオ局FEBCの番組に出演した時も聴きました。

昨年、牧師を辞任することを聞いた時は、突然なぜ辞任するのだろうかと思いました。

ドイツへ宣教師として歩むとして牧師を辞任するとのことですが、佐々木牧師なら無事に宣教師をやっていけると思っています。

近い日にドイツへ渡航するらしいです。

日本基督教団小松川教会一筋13年間という長い間お疲れ様でした。

洗礼者第1号となることが出来て光栄です。
スポンサーサイト



  1. 2016/03/27(日) 13:41:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<J.S.バッハオルガン作品全曲演奏二巡目シリーズVol.3へ | ホーム | 教会ハンドベル音楽祭2016へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/457-41373133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)