FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

昨夜の祈祷会

私が通う日本基督教団小松川教会で、昨日の夜に行われた祈祷会では、


聖歌は、
529番「ゆきてつげよあまねく」
229番「おどろくばかりの」
406番「むねのおくに」
を歌いました。

今回歌いました、
聖歌529番「ゆきてつげよあまねく」は、
“新聖歌437番”
“讃美歌453番「聞けや愛の言葉を」”
“讃美歌21-403番「聞けよ愛と真理の」”
にもなっています。

聖歌229番「おどろくばかりの」は、
“讃美歌第2編167番「われをもすくいし」”
“讃美歌21-451番「くすしきみ恵み」”
にもなっています。

聖歌406番「むねのおくに」は、
“新聖歌175番”
にもなっています。



お祈りでは、まず参加者皆で旧約聖書の「ミカ書7章9節」を読み、私は
「土曜日に執り行われる結婚式のこと」
「今度の礼拝のこと」
をお祈りしました。



聖書の学びでは、新約聖書の
「フィリピの信徒への手紙2章12〜18節」
を学びました。

パウロは“わたしの愛するひとたち (12節)”に“よこしまな曲がった時代 (15節)”だからこそイエス様への“従順”を勧めています。
最初は“恐れおののきつつ自分の救いを達成するように務めなさい (12節)”という勧めです。

従順は“何事も、不平や理屈をいわずに行いなさい (14節)”という勧めです。
パウロは“命の言葉をしっかり保つでしょう (16節)”と、御言葉を聞かない者ではなく、御言葉に従う者はどのような時代であれ、“清い者”・“神の子”と呼ばれ“星のように輝く”と勧めています。
それは、他の者からの評価となる誘惑も含まれます。
命の言葉がわが内にあることにより初めて真に変えられて行く姿であると勧めています。

パウロは今までの自らの生き方を、伝道者としてイエス様のために“労苦”を多く経験した人生であり、今日まで“走り続けて”きたこと、それが再臨の時には全ては無駄ではなかったと、私には誇れることであるとフィリピの信徒の方々に語ります。

また、イエス様の従順な姿に従っている者たちがいることが、パウロがこの世で誇りを感じるだけではなく、再臨の時にはっきりと誇れると語ります。
現実に“わたしの血が注がれるとしても (17節)”と、パウロは殉教の危機を感じている中での勧めです。

パウロは、この手紙の基本である“喜び”に戻ってきました。
パウロの生き方は信仰者としての“喜び”であり、信仰を捧げているフィリピの信徒の方々にもこの喜びを伝えたい、共に喜んでもらいたいと願っています。

“喜びなさい”と言われても、喜べない時代もあります。しかし、“喜び”は“従順”に御言葉に仕えている者に与えられる信仰の力の源です。

その姿はイエス様が示した姿であり、主が与えてくださる力です。





日本基督教団小松川教会の祈祷会では、
新共同訳聖書(日本聖書協会)
聖歌(日本福音連盟)
(時期によっては、1954年版讃美歌)
を使用しています。





その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
スポンサーサイト



  1. 2020/02/20(木) 18:09:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨夜の祈祷会 | ホーム | 今月の神田キリスト教会パイプオルガンコンサート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/1417-e2c025fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)