FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

昨夜の祈祷会

私が通う日本基督教団小松川教会で、昨日の夜に行われた祈祷会では、


聖歌は、
472番「人生の海のあらしに」
590番「すくい主イエスと」
589番「めぐみの高きね」
を歌いました。



お祈りでは、まず参加者皆で旧約聖書の「イザヤ書6章8節」を読み、私は
「土曜日のハンドベル練習のこと」
「今度の礼拝のこと」
「病やケガで療養中の方のこと」
をお祈りしました。




聖書の学びでは、新約聖書の
「フィリピの信徒への手紙1章12〜19節」
を学びました。

パウロは投獄され監禁状態である時も、喜びに包まれていると記しています。
それは伝道の自由を奪われ、生命の危機の状態にあることでも喜びになったと記します。

“兵営全体”は、“皇帝の親衛隊”とも訳すことが出来る言葉です。
パウロは思想犯として24時間皇帝の親衛隊の下に生活をしていましたが、その親衛隊に福音が伝わりました。

投獄されなければ出会うことがなかった人たちに“福音の道が開かれ”、福音は“前進”しました。
その他関係する全ての人に知れ渡りました。

パウロが投獄されたことを聞いて、それでも恐れず確信を持って果敢に福音を述べ伝える者たちが多く起こされました。
しかし、その喜ばしい知らせの中にも問題がありました。彼らの内に“ねたみと争いの念”に駆られている者や“自分の利益を求めて行う者”がいたこともパウロは知っていました。
具体的にどのような人々でどんな伝道を行っていたのかわかりませんが、獄中のパウロを一層苦しめていることは確かです。
パウロは外からの苦しみを受けていました。それでもフィリピの信徒との信頼関係はパウロを癒やしました。

しかしパウロは、不純な動機で苦しめる者に対して「それがなんであろう (18節)」と一蹴します。
「キリストが告げ知らされているのです。 (17節)」とその理由を記しています。
伝道者として“キリストのために”という目線から、福音が告げ知らされていることに喜びを感じ、これからの喜びの基になると語ります。

パウロは託された使徒としての働きをも神に委ねています。
“福音にあずかる”全てを委ねた歩みです。そこから“喜び”が与えられます。

全てのことが“キリストのために”この真理を知っているからです。
そこに、信仰者の強い姿があります。




日本基督教団小松川教会の祈祷会では、
新共同訳聖書(日本聖書協会)
聖歌(日本福音連盟)
(時期によっては、1954年版讃美歌)
を使用しています。





その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
スポンサーサイト



  1. 2020/01/23(木) 12:39:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日はハンドベル練習 | ホーム | 2020年キリスト教一致祈祷週間東京集会へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/1403-ff6bc243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)