FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲は、

“問80〜問82”

でした。


問80
主の晩餐と教皇のミサとの違いは何ですか。

答え
主の晩餐が私達に証をすることは、イエス・キリスト御自身がただ一度十字架上で成就してくださったその犠牲により、私達が自分の全ての罪の完全な赦しをいただいているということ。

また、私達が聖霊により、キリストに接ぎ木されているということです。

この方は、今まことの体と共に天の御父の右におられ、そこで礼拝されることを望んでおられます。

尚、ミサが教えることは、今も日ごとに司祭達により、キリストが彼らのために献げられなければ、生きている者も死んだ者もキリストの苦難による罪の赦しをいただいていないということ。

キリストはパンとぶどう酒の形のもとに肉体的に臨在されるので、そこにおいて礼拝されなければならないということです。

参照聖書箇所
マタイによる福音書6章20,21節
ヨハネによる福音書4章21〜24節・19章30節
使徒言行録7章55,56節
コリントの信徒への手紙Ⅰ 6章17節・10章16,17節
フィリピの信徒への手紙3章20節
コロサイの信徒への手紙3章1〜3節
ヘブライ人への手紙1章3節・7章27節・8章1節・9章12,25,26節・10章10〜18節



問81
どのような人が主の食卓に来るべきですか。

答え
自分の罪のために自己嫌悪しながらも、キリストの苦難と死によってそれらが赦され、残る弱さも覆われることを信じ、さらにより一層自分の信仰が強められ、自分の生活が正されることを切に求める人です。

しかし、悔い改めない者や偽善者達は、自分自身に対する裁きを飲み食いしているのです。

参照聖書箇所
コリントの信徒への手紙Ⅰ 10章19〜22節・11章26〜32節



問82
それでは、その信仰と生活によって不信仰や背信を示している人々でもこの晩餐にあずかれるのですか。

答え
いいえ
なぜなら、それにより神との契約を侮辱し、御怒りを会衆全体に招くことになるからです。

それゆえキリストの教会は、キリストとその使徒達との定めに従い、そのような人々をその生活が正されるまで、鍵の務めによって締め出す責任があります。

参照聖書箇所
詩編50編14〜16節
イザヤ書1章11〜17節
コリントの信徒への手紙Ⅰ 11章17〜32節





(参照聖書箇所は、新共同訳聖書を基にしています)





1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
スポンサーサイト



  1. 2019/03/14(木) 17:38:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日は聖歌隊練習 | ホーム | 昨夜の祈祷会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/1207-73213193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)