FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲は、

“問37〜問39 ”

でした。



問37
「苦しみを受け」という言葉によって、あなたは何を理解しますか。

答え
イエス・キリストが地上での生涯の終わりの時において、全人類の罪に対する神の怒りを体と魂に負われたということです。

それは、イエス・キリストが唯一の償いのいけにえとして、自身の苦しみにより、永遠に私達の体と魂を刑罰から開放し、神の恵みと永遠の命を獲得してくださるためでした。

参照聖書箇所
イザヤ書53章
ヨハネによる福音書3章16節
ローマの信徒への手紙3章24〜26節・8章1〜4節
ガラテヤの信徒への手紙3章13節
ヘブライ人への手紙10章14節
ヨハネの手紙I 2章2節・4章10節



問38
なぜその方は「ポンテオ・ピラトのもとに」苦しみを受けられたのですか。

答え
それは罪が無いその方がこの世で刑罰(苦しみ)を受けることにより、私達が受けることとなる神の厳しい審判から、私達を免れさせるためです。

参照聖書箇所
イザヤ書53章4,5節
ルカによる福音書23章13〜24節
ヨハネによる福音書19章4,12〜16節
コリントの信徒への手紙II 5章21節
ガラテヤの信徒への手紙3章13節



問39
その方が十字架につけられたことには、何か他の死に方以上の意味があるのですか。

答え
あります。

十字架につけられることにより私は、その方が私の上に架かっていた呪いをその方自身の上に引き受けてくださったことを確信するのです。

なぜなら十字架の死は、神に呪われたものだからです。

参照聖書箇所
申命記21章23節
ガラテヤの信徒への手紙3章10〜13節



(参照聖書箇所は、新共同訳聖書を基にしています)





お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
スポンサーサイト



  1. 2018/09/20(木) 16:36:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月に1回の聖書の学び会へ | ホーム | 昨夜の祈祷会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/1069-beb8c1a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)