FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

月に1回の聖書の学び会へ

今日は、月に1回行われる聖書の学び会に行きました。

月に1回行われる聖書の学び会は、普段は木曜日に行われますが、今月(8月)は、金曜日となりました。


今回は
“旧約聖書のモーセ5書”
の学びでした。


【モーセ5書】
創世記
出エジプト記
レビ記
民数記
申命記
から成り立ちます。



『創世記』
創世記の内容は、大きく2つに分かれます。

《11章まで》
天地創造からアブラハムの召命、エデンの園・アダムとエヴァの原罪、ノアの箱舟、バベルの塔などの話しが続きます。

《12章から》
アブラハムから4代続く族長物語。
また、イスラエルは国家の形をとらず、ゆるやかな族長連合の国の基礎となる物語となります。



『出エジプト記』
出エジプト記は、“神がご自分の民を贖う”物語。

出エジプトに至るまでの、過ぎ越しの夜や海を渡るなど、十字架と復活を暗示する物語が続きます。

《1〜19章》
ヨセフを頼ってエジプトに下ったヤコブと息子たちの子孫が繁栄して大きな一族となり、ファラオに警戒されてしまい、神はモーセを召し出してヘブライ人をエジプトから脱出させることが記されています。

《20〜24章》
シナイ山での十戒の授与。

《25〜40章》
礼拝の規定・祭司制度・幕屋の設営など。



『レビ記』
レビとはヤコブの第三子の名前で、この子孫がレビ族となり、祭司と神殿祭事に関わる全てのことを司りました。

レビ記には、神から与えられた律法が記されています。

《1〜7章》
5種類の生け贄
焼き尽くす
穀物
和解
贖罪
賠償

《8〜10章》
祭司職に関する規定

《11〜15章》
汚れを避けるための規定

《16〜27章》
その他の細則



『民数記』
出エジプトの後に荒れ野でさまよった40年間の出来事が記されています。

“民数記”という書面は、この期間に2度人口調査が行われるため。

7章での各民族の捧げ物の場面でも数え上げています。

《1〜9章》
シナイ山で

《10〜14章》
シナイ山を下りてカデシュまで

《15〜20章》
カデシュで

《21〜36章》
モアブの地で



『申命記』
“申”とは「もう一度」
“命”は「命令」
を表しています。

民数記で後継者としてヨシュアが任命され、神にカナンの地には行けないことを示されたモーセが、ヨルダン川を前にして民に告別説教をするという書物です。

《1〜4章》
出エジプトの振り返り

《5〜28章》
イスラエルは神の選びの民であることを強調
カナンに移住してから出会うであろうとされる題を予測
神に従った際の祝福と、神に従わなかった際の呪い

《29〜30章》
民が契約を更新し、命の道を選ぶように勧告する

《31〜34章》
モーセの生涯の締め括り



来月(9月)は、私は行けるかどうかはまだ未定です。





お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
スポンサーサイト



  1. 2018/08/31(金) 18:13:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カレンダーの絵柄が替わりました | ホーム | 小松川教会GOSPEL CAFE LIVEのお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/1052-88a87dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)