FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

今日放送の“らららクラシック”で

今日NHKEテレで放送された「らららクラシック」は、

“ベートーヴェンの第九”

がテーマでした。


1918年6月1日に、徳島県の捕虜収容所に収容されていたドイツ人捕虜が日本で初めて“第九”を演奏され、今年で日本初演100年を迎えます。

徳島県の方々にとっては、6月が“第九の季節”とのことでした。


1824年にウィーンで最初の世界公演
1828年にドイツのライプツィヒでの公演
1843年にドレスデンでの公演
が、行われ、ワーグナーが“ピアノ版第九”を作る。
1846年にワーグナーがコンサートで第九を演奏しようとするも、周囲から猛反対され、音楽を物語のあらすじ

第1楽章
「しあわせを求める人々と、それを妨げようとする暴力との戦い」

第2楽章
「新しい世界で、絶望に追い込まれながら、しあわせを求めて絶え間なく努力する人々」

第3楽章
「傷付いた人々の苦しみをやわらげ、天国のように穏やかに包みこむ」

第4楽章
「人々はしあわせになろうと歓喜の声をあげる、地球上が歓喜に満ちる」

に仕立てたパンフレットを制作しました。


番組内では、ベルリンの壁が崩壊した時も、第九が演奏されたとのことでした。


私は第九といえば、小学生時代に音楽の授業でソプラノリコーダーで習いました。

最近では、私が所属する教会のハンドベルクワイアの課題曲になりました。

前回課題曲になった時は、18本のベル(G4〜G6)を使いましたが、
今回は12本のベル(C5〜G6)を使います。



私は明日のハンドベルチャペルコンサートで、
第九(讃美歌158番「あめにはみつかい」・喜びの歌)
を演奏する予定です。

ミスすることなくベルを演奏したいと思います。





お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
スポンサーサイト



  1. 2018/08/24(金) 23:12:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日は小松川教会ハンドベルクワイア10周年ハンドベルチャペルコンサート | ホーム | 原宿教会ランチタイムメディテーションへ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/1048-9df907cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)