FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

聖イグナチオ教会“オルガンと祈り”へ

201807272219338ae.jpg


今日は、聖イグナチオ教会で開催された、

“オルガンと祈り・ダビデとゴリアトの戦い”

に行きました。


今回は、お祈りやオルガン演奏や聖歌奉唱の他に、「ダビデとゴリアト」の絵本朗読や詩編唱和などがありました。


オルガン演奏は、

J.クラーク
「デンマーク王子の行進」(トランペット・ヴォランタリー)

J.クーナウ
「聖書ソナタ第1番 『ダビデとゴリアトの戦い』」
“ゴリアトのからいばり”
“巨人を前にしたイスラエル人の備えと、神への祈り”
“ダビデの勇気、神への信頼をもって恐ろしい敵の高慢さをへし折ろうという熱意”
“ダビデとゴリアトの言い争い”
“ダビデが投げた石がゴリアトの額に命中し”
“ゴリアトは倒れる”
“ペリシテ軍は逃げ出し、イスラエル軍が追いかける”
“イスラエル軍の勝利の喜び”
“ダビデの栄誉をたたえ、太鼓や楽器をもって歌う女性たちの音楽”
“すべての人々が喜び踊り、跳びはねる”

G.コレット
「ティエルスをテノールに」

浅井寛子
「カッコウオルガンのための協奏曲」
“第1楽章”
“第2楽章”

J.S.バッハ
「フーガ ト短調 BWV578」

でした。

聖歌奉唱は、

「御手の中で」

「ごらんよ空の鳥」

「主よあなたの道を」

でした。


他にも、

司祭のことば

絵本朗読
「ダビデとゴリアト」

詩編唱和
「詩編23編」

共同祈願
「夏休みに入った子どもたちへ」
「世界中の子どもたちへ」
「西日本豪雨の被災への慰めと勇気」

主の祈り

派遣の祝福

がありました。



今回の進行(人名は敬称略)は、
オルガン:浅井寛子
カッコウオルガン:霜坂秀一
司祭:李相源神父
でした。




お金がたまるポイントサイトモッピー
スポンサーサイト



  1. 2018/07/27(金) 22:20:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日はハンドベル練習 | ホーム | 今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/1035-feb969fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)