FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

昨夜の祈祷会

私が通う日本基督教団小松川教会で、昨日の夜に行われた祈祷会では、


聖歌は、

聖歌496番「主と主の言葉に」

聖歌604番「のぞみも消えゆくまでに」(参加者のリクエスト)

聖歌498番「歌いつつあゆまん」

を歌いました。

今回歌いました、

聖歌496番「主と主の言葉に」は、
“新聖歌324番”
にもなっています。

参加者のリクエストで歌いました聖歌604番「のぞみも消えゆくまでに」は、
“新聖歌172番”
にもなっています。

また、聖歌498番「歌いつつあゆまん」は、
“新聖歌325番”
にもなっています。



お祈りでは、まず参加者皆で旧約聖書の「ヨブ記36章16節」を読み、私は

「今度の礼拝のこと」

「来週誕生日を迎える信徒のこと」

をお祈りしました。



聖書の学びは、旧約聖書の

「ホセア書7章8〜16節」

を学びました。


8節「エフライムは諸国民の中に交ぜ合わされ、エフライムは裏返さずに焼かれた菓子となった。」
エフライム(イスラエル)は、もはや真理の神に従うその本質を失いかけていますが、それとは気付かない状態です。
他の国々の神に助けを求めるその姿を、例えを用いて表現しています。

国は表面的であるが、それが他国の力に頼んでいることに気付いていない。
それは、軍事力・国力を求める、真理の神から離れる偶像崇拝であり、民は高慢から、真の神を求めることを行わない。

11節「エフライムは鳩のようだ。愚かで、悟りがない。エジプトに助けを求めあるいは、アッシリアに頼って行く。」
と、ホセアは北イスラエルの外交は“愚かな行為”であると断言します。

13節「なんと災いなことか。彼らはわたしから離れ去った。」
と、真の災いは、主から離れることであると彼らは気付かない。
「どんなに彼らを救おうとしても彼らはわたしに偽って語る。」
主は“救い”を差し伸べています。
しかし、彼らは神の愛に“偽り”をもって応答します。

14節「寝床の上で泣き叫び穀物と新しい酒を求めて身を傷つける」
彼らの行為は、主の目には悪事に、全く愚かに見えますが、彼らは止めることはありません。

「ねじれた弓」(16節)
実際には役に立たない物を用いようとしている。
それは、大国から見れば愚かな企みでしかありません。

南北分裂後のイスラエルは、隣国の情勢により左右されてきました
大国の神を礼拝することによって、国の安全を図ろうとしています。

ギリシャ語で“罪”とは“的外れ”という意味です。
彼らの信仰は的外れになっています。

主イエス・キリストの十字架と復活。
これ以外に“的”はありません。

少しでもそれてしまえば、“罪”となります。

“罪”は己を滅ぼします。




日本基督教団小松川教会の祈祷会は、
新共同訳聖書(日本聖書協会)
聖歌(日本福音連盟)
(時期によっては、1954年版讃美歌)
を使用しています。
スポンサーサイト



  1. 2018/06/28(木) 13:18:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲 | ホーム | Belle L'allure コンサート2018へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/1016-fdaacdd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)