FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲は、

“問20~問23”

でした。


問20
それでは、アダムを通してすべての人が堕落したのと同様、キリストを通してすべての人が救われるのですか。

答え
いいえ。

まことの信仰によりこの方と一つになり、その恵みをすべて受け入れる人だけが救われるのです。

参照聖書箇所
マタイによる福音書7章14節
ヨハネによる福音書3章16,18,36節
ローマの信徒への手紙11章16~21節


問21
まことの信仰とは何ですか。

答え
神が御言葉において、私達に示されたことをすべて私が真実であるという確信するその確かな認識のことだけでなく、福音を通して聖霊が私達の起こしてくださる、心からの信頼のことでもあります。

それにより、他の人々のみではなく私にも罪の赦しと永遠の義と救いが神から与えられるのです。

それはすべて恵みにより、ただキリストの功績によるものです。

参照聖書箇所
マタイによる福音書16章15~17節
ヨハネによる福音書3章5節・17章3,17節
使徒言行録16章14節
ローマの信徒への手紙1章16,17節・3章21~26節・4章18~21節・10章17節
コリントの信徒への手紙I 1章21節
ガラテヤの信徒への手紙2章16,20節
エフェソの信徒への手紙2章8~10節
ヘブライ人への手紙4章14~16節・10章10節


問22
それでは、キリスト者が信じるべきこととは何ですか。

答え
福音において、私達に約束されていることのすべてです。

私達の公同の疑い無きキリスト教信仰の箇条がそれを要約して教えています。

参照聖書箇所
マタイによる福音書28章18~20節
ヨハネによる福音書20章30,31節


問23
それはどのようなものですか。

答え
使徒信条

「我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。
我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。
主は聖霊によりてやどり、おとめマリヤより生まれ、
ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、
十字架につけられ、死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人のうちによみがえり、
天にのぼり、全能の父なる神の右に座したまえり、
かしこより来たりて生ける者と死ねる者とを審きたまわん。
我は聖霊を信ず、聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、身体のよみがえり、永遠の命を信ず。
アーメン。」

です。

参照聖書箇所
マタイによる福音書1章18~24節・27章11~26,32~60節・28章1~10,16~20節
マルコによる福音書15章1~15,21~32,33~47節・16章1~6,19,20節
ルカによる福音書1章26~38節・23章13~54節・24章1~12,50,51節
ヨハネによる福音書18章28節~19章16,18~27,38,39節・20章1節~21章24節
使徒言行録1章6~11節

参照讃美歌
讃美歌566番



(参照聖書箇所は、新共同訳聖書を基にしています)
スポンサーサイト



  1. 2018/06/14(木) 15:04:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨日見た夢 | ホーム | 昨夜の祈祷会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/1007-5d3d0723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)