FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

礼拝後に会合がありました

今日は礼拝後に会合があり、

“神を礼拝する生活”

というテーマで話し合いました。


『礼拝は賛美である』
礼拝ではまず私達は、イエス・キリストによってご自身を現し、私達を救ってくださった神を賛美します。

私達は、生活の中で嬉しいことだけではなく、悲しいことにも遭います。
神を賛美することは、嬉しい時だけするのではありません。
常に信仰生活の中で神を賛美するのです。

神は私達を礼拝へ招き、どんな時でも心から神を賛美することが出来る者としてくださるのです。


『礼拝は祈りである』
礼拝をすることと祈ることを切り離して考えることは出来ません。

祈りによって私達は神との霊的な交わりに導かれます。

礼拝の中での祈りは、説教者や司式者の祈りを共に祈るのです。

礼拝の中心に私達は「主の祈り」を教えられています。

この「主の祈り」は、イエス様ご自身が弟子達に、また私達に教えてくださった祈りで、祈りの本質が明確にされていると同時に、祈る者の普遍的な意味があります。


『み言葉が語られ、そしてみ言葉が聞かれる』
礼拝で私達は、神から旧新約聖書をみ言葉として与えられます。

そして説教は、聖書が説教者に解き明かされ、神の生きた言葉を会衆へ語られます。

説教者自身も人間に過ぎません。
説教者は、聖書の解き明かしという重い責任を持つことに努めています。

私達は、聖霊の導きにより、説教者が語る言葉を神のみ言葉として説教を聞くのです。
スポンサーサイト



  1. 2018/06/10(日) 15:34:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今月の浅草橋教会フレッシュタイムコンサート | ホーム | 今日はハンドベル練習>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glorycross.blog135.fc2.com/tb.php/1003-9e060f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)