FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

ハンドベルクワイアに所属して10年目を迎えました

20191026131219e12.jpg

20191026131239f35.jpg


私は日本基督教団小松川教会ハンドベルクワイアに所属して、今日で10年目を迎えました。


私がハンドベルクワイアに所属したきっかけは、過去にテレビでハンドベルの演奏が映っている場面を見て「自分もやってみたい」と思っていました。


日本基督教団小松川教会に通うようになり、礼拝でハンドベル演奏を間近で見て受洗後の翌週に執り行われた礼拝でハンドベルの奉鐘があったので、礼拝後に入会の希望を申し出ました。


実際にやってみると、ベルの鳴らし方や止め方、タイミングなどがとても難しくて自分はやっていけるのだろうかと思っていました。


ハンドベルクワイアに所属して初めの数年間は、練習をする度に辛くて辞めたいという気持ちが何度もありましたが、ハンドベルをやりたいということを自ら志願したので中途半端で辞めずに続けていこうと思いました。


練習を何度も続けていくうちに辛い気持ちが無くなり、ハンドベルの練習や演奏をしていくことが楽しくなり、これからもハンドベルクワイアを続けていきたい、難しい演奏もやってみようという気持ちになりました。


困難な壁を自分が知らないうちにいつの間にか乗り越えていたという感じです。


あまりにも演奏が下手なので、休憩時間を返上して1人で練習していたことも、今となってはいい経験です。


小松川教会ハンドベルクワイアの練習は、月に2回土曜日に行われますが今では練習に行くことが楽しみになり、新しい課題曲になると、どんな曲が課題曲になるのだろうということも楽しみになります。
(以前は、礼拝後にも練習がありました)


時間があれば、いろんなハンドベルクワイアのコンサートにも出向き、演奏しているところをじっくり見て、自分も真似してやってみようという気持ちになっています。


私はハンドベルクワイアに所属してまだ10年目で、ミスはまだ目立ちますが、これからもいろんな曲の演奏や技法が出来るように頑張っていきたいです。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
スポンサーサイト



  1. 2019/10/26(土) 17:18:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はハンドベル練習

201910261311268a4.jpg

20191026131151e7a.jpg


今日はハンドベルの練習がありました。


今回も12月のアドベントとクリスマスに向けての課題曲、
“聖歌128番「たがいに喜び」”
“讃美歌104番「きたり聞けよみ告げを」”
“讃美歌109番「きよしこの夜」 (トーンチャイムを使用)”
“「ジングルベル」 (トーンチャイムを使用)”
の計4曲を練習しました。



今回の練習は、

【前半】
基礎練習
「たがいに喜び」
「きたり聞けよみ告げを」

【休憩を挟み後半】
「きよしこの夜」
「ジングルベル」

でした。



今回の練習では、特にベルを鳴らすタイミングを中心に練習をしました。



次の練習は11月になりますが、次回も練習を頑張りたいと思います。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/26(土) 13:29:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲は、
“問125”
でした。


問125
第四の願いは何ですか。

答え
“われらの日用の糧をきょうも与えたまえ”です。

すなわち、

“私達に肉体的に必要な全てのものを備えてください。
それによって私達が、あなたこそ良きもの全ての唯一の源であられること、またあなたの祝福なしには、私達の心配りや労働、あなたの賜物さえも私達の益にならないことを知り、そうして私達が自分の信頼をただあなたの上にのみ置くようにさせてください。”

ということです。

参照聖書箇所
申命記8章3節
詩編37編16節・55編23節・62編・104編27〜30節・146編
エレミヤ書17章5〜8節
マタイによる福音書6章25〜34節
使徒言行録14章17節・17章25節
コリントの信徒への手紙Ⅰ 15章38節
ヘブライ人への手紙13章5,6節
ヤコブの手紙1章17節




(参照聖書箇所は、新共同訳聖書を基にしています)





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/24(木) 17:58:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨夜の祈祷会

私が通う日本基督教団小松川教会で、昨日の夜に行われた祈祷会では、


聖歌は、
406番「むねのおくに」
545番「主よこの身をいままたくし」(参加者のリクエスト)
576番「聖霊来たれり」
を歌いました。

今回歌いました、
聖歌406番「むねのおくに」は、
“新聖歌175番”
にもなっています。
聖歌576番「聖霊来たれり」は、
“新聖歌416番”
にもなっています。



お祈りでは、まず参加者皆で旧約聖書の「申命記28章9,10節」を読み、私は
「土曜日のハンドベル練習のこと」
「病やケガで療養中の方のこと」
「今度の礼拝のこと」
をお祈りしました。



聖書の学びは、旧約聖書の
「ヨナ書1章8〜16節」
を学びました。

ヨナの神からの逃亡は、ヤッファに下り、当時の最果ての地であるタルシシュ行きの船に乗っていました。
ヨナにとっては最も神から遠い場所に行き着いたと思っています。
しかし、神はヨナが乗っている船を嵐の中へ導きます。

人々はヨナに詰め寄り、「さあ、話してくれ。この災難が…誰のせいか。…何の仕事で行くのか。どこから来たのか。国はどこで、どの民族出身なのか。(8節)」と訪ねます。
ヨナは、「わたしはヘブライ人だ。海と陸とを創造された天の神、主を恐れる者だ。(9節)」と答えます。
さらに問い詰められたヨナは、預言者の働きから逃れたことを白状しました。

船員たちの対応はヨナを裁くことなく、どうしたら嵐は治まるのかヨナに聞いています。
ヨナは自分の手足を捕えて海に放り込めば嵐は治まる(12節)と言いますが、船員たちは躊躇します。自分たちで漕いで陸に戻そうとしますが、事態は変わりません。(13節)

ヨナの行動は、不従順から従順への転換、責任回避から責任を引き受けることへの回心の表れです。
既にニネベに行く命令には遅すぎることを理解しています。
ヨナは船の安全を願い、自ら犠牲となることを決心しました。

船員たちは自分たちの力を頼りにした努力が無駄であることを悟ると、ヨナの提案通りに彼を海に放り込みます。(15節)
嵐は去り、船員たちは大いに主を恐れて誓いを立てました。





日本基督教団小松川教会の祈祷会では、
新共同訳聖書(日本聖書協会)
聖歌(日本福音連盟)
(時期によっては、1954年版讃美歌)
を使用しています。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/24(木) 13:14:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の午後は聖歌隊集中練習

今日はチャペル・コンサートの後に、13:30〜15:00頃まで、聖歌隊の集中練習がありました。



今回も12月のクリスマスに向けての課題曲
“讃美歌111番「神の御子は今宵しも」”
と、今日は
“讃美歌94番「ひさしくまちにし」”
の練習もしました。



練習内容は、

まず、ストレッチと発声練習をし、
その後4声
女声(ソプラノ,アルト)
男声(テノール,バス)
を別室に分かれて
「神の御子は今宵しも」
の練習しました。

その後は男声と女声合わせて
「神の御子は今宵しも」
の練習し、最後は
「ひさしくまちにし」
を練習しました。



今回は普段の練習よりも長い時間を使った練習でしたので、歌うことだけでなく、声の出し方もじっくりと練習出来ました。



今回の課題曲は、
「神の御子は今宵しも」が1節〜4節全て歌い、
「ひさしくまちにし」が1節,2節だけ歌うことになりました。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/19(土) 17:29:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の小松川教会お昼のチャペル・コンサート

20191019120107ba3.jpg

201910191201201df.jpg


今日は、日本基督教団小松川教会に於きまして、

“第35回お昼のチャペル・コンサート”

が開催されました。



今回演奏された曲目は、
(曲目は、配布されたプログラムより抜粋)

J.S.バッハ
「幻想曲 ハ短調 BWV562」

J.パッヘルベル
「シャコンヌ ヘ短調」

J.S.バッハ
「フーガ ト短調 BWV578」
「我ら、悩みの極みにありて」

F.メンデルスゾーン
「『ソナタ 第4番 変ロ長調 作品65-4』より “第2,第4楽章”」

でした。


今回の演奏者(敬称略)は、
中村岩城
でした。


次回(第36回)は、
11月23日(土) 12:15
に開催される予定です。


(小松川教会お昼のチャペル・コンサートは通常毎月第3土曜日に開催されますが、都合により開催日時や演奏者が変更になる場合がございますのでご了承ください)



日本基督教団小松川教会で行われる礼拝・祈祷会の時間などは、
小松川教会ホームページ
をご覧くださいませ。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/19(土) 16:41:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖イグナチオ教会“オルガンと祈り”へ

20191017221756e59.jpg

20191017221814121.jpg


今日は、聖イグナチオ教会で執り行われた、
“オルガンと祈り 希望の歌”
に行きました。


私が行く時は雨が降っていましたが、無事に辿り着きました。



今回の内容は、

【オルガン演奏】
J.S.バッハ
「トッカータ ハ長調 BWV566」
「われを憐れみたまえ、おお主なる神よ BWV721」
「フーガ ハ長調 BWV566」

G.ムファット
「『オルガニストのための曲集』より シャコンヌ」

K.ヨハンセン
「希望の歌」

M.レーガー
「楽興の時」

柿沼唯
「蓮花」


【聖歌奉唱】
「心を高く上げよう」
「主イエスこそわが望み」
「くすしき恵み (AMAZING GRACE)」


【詩編唱和】
詩編121編


【福音朗読】
マタイによる福音書6章25〜34節


共同祈願
主の祈り
派遣の祝福


がありました。


共同祈願では、台風15号,19号被災者のために黙祷をしました。



今回も、たくさんの方が訪れていました。


終了後、私が帰る頃には雨がすっかり止んでいました。



次回の“オルガンと祈り”は、
2019年12月20日(金) 19:00
2020年3月25日(水) 19:00
の予定となっております。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/17(木) 22:42:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨夜の祈祷会

私が通う日本基督教団小松川教会で、昨日の夜に行われた祈祷会は、


聖歌は、
398番「いくるかいもなしと」
472番「人生の海のあらしに」 (参加者のリクエスト)
578番「主の愛のながうちに」
を歌いました。

今回歌いました、
聖歌398番「いくるかいもなしと」は、
“新聖歌111番”
にもなっています。
聖歌472番「人生の海のあらしに」は、
“新聖歌248番”
にもなっています。
聖歌578番「主の愛のながうちに」は、
“新聖歌392番”
にもなっています。



お祈りでは、まず参加者皆で旧約聖書の「イザヤ書41章10節」を読み、私は
「ケガや病で療養中の方のこと」
「土曜日に開催されるチャペル・コンサートのこと」
「今度の礼拝のこと」
をお祈りしました。



聖書の学びは、旧約聖書の
「ヨナ書1章1〜7節」
を学びました。

2節「さあ、大いなる都ニネベに行ってこれに呼びかけよ。彼らの悪はわたしの前に届いている。」
ヨナが神から与えられた預言です。
しかし、ヨナは主から託された働きか逃れようとして、ニネベではなくタルシシュに向かいました。
預言者が主の働きから逃れることは異常なことです。

ヨナが純粋にユダヤ主義者で、与えられた預言が他国それも敵国のアッシリアのことであったため、ヨナは神の御心を疑い、当時の地理的知識の中では最も遠い所に行き、神の働きから逃れようとしたとも考えられます。

3節「ヤッファに下ると、折よくタルシシュ行きの船が見つかったので、船賃を払って乗り込み、人々に紛れ込んで主から逃れようと、タルシシュに向かった。」
この一連の出来事は、神から逃げ延びることが出来たことです。

神の耳には、ニネベの悪の声が聞こえています。
そのニネベに滅びの預言を伝えるため、ヨナが選ばれました。
神の目には、ヨナがタルシシュに向かったことや人々に紛れ込んだこと、船底で眠っていたことも解っていたと思われます。

ヨナが乗った船は大嵐に遭います。
船乗りたちは自分の神に助けを求め叫びをあげます。
そして沈没を防ぐために積荷を海に捨てます。
船長は船底で眠っているヨナを起こし、この出来事の原因を求めます。
そして、くじ引きで原因を突き止めます。このくじ引きはヨナに当たりました。

神は私たちの思いを超えた所から、私たちの歩みを既に見ておられます。







日本基督教団小松川教会の祈祷会では、
新共同訳聖書(日本聖書協会)
聖歌(日本福音連盟)
(時期によっては、1954年版讃美歌)
を使用しています。

※今回はハイデルベルク信仰問答の学びはありませんでした。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/17(木) 10:51:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の神田キリスト教会パイプオルガンコンサート

201910161415314f6.jpg


今月も、秋葉原にある神田キリスト教会で開催されたパイプオルガンコンサートに行きました。



今回演奏された曲目は、

L.クープラン
「硬質なる幻想曲」

J.J.フローベルガー
「トッカータ 第7番 FbWV107」

C.モンテヴェルディ
「『ポッペアの戴冠』より “さらば、ローマよ”」

M.コレット
「『第1旋法によるマニフィカト』より “ティエルス アン タイユ”」

M.ランベール
「私のやすらぎは清く柔らかに」

C.バルバストル
「プレリュードとフーガ ニ短調」

でした。



今回の演奏者(敬称略)は、
加藤麻衣子
で、賛助出演として
安本ゆか (メゾソプラノ)
でした。


次回は、
11月20日(水)
開場 12:00
開演 12:20
に開催される予定です。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/16(水) 14:28:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲は、
“問124”
でした。


問124
第三の願いは何ですか。

答え
“みこころの天になるごとく地にもなさせたまえ”です。

すなわち、

“私達の全ての人々が、自分自身の思いを捨て去り、唯一正しいあなたの御心に何一つ逆らうことなく聞き従えるようにしてください。
そして、一人一人が自分の務めと召命を、天の御使いのように喜んで忠実に果たせるようにしてください。”

ということです。

参照聖書箇所
詩編103編20,21節
マタイによる福音書7章21節・16章24〜26節
ルカによる福音書22章42節
ローマの信徒への手紙12章1,2節
コリントの信徒への手紙Ⅰ 7章17〜24節
エフェソの信徒への手紙6章5〜9節
テトスへの手紙2章11,12節



(参照聖書箇所は、新共同訳聖書を基にしています)





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/10(木) 15:10:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨夜の祈祷会

私が通う日本基督教団小松川教会で、昨日の夜に行われた祈祷会では、


聖歌は、
425番「つみおもにをのぞくは」
691番「風はあれくるう」(参加者のリクエスト)
529番「ゆきてつげよあまねく」
を歌いました。

今回歌いました、
聖歌529番「ゆきてつげよあまねく」は、
“新聖歌437番”
“讃美歌453番「聞けや愛の言葉を」”
“讃美歌21-403 番「聞けよ愛と真理の」”
にもなっています。



お祈りでは、まず参加者皆で旧約聖書の「ホセア書10章12節」を読み、私は
「病やケガで療養中の方のこと」
「今度の礼拝のこと」
をお祈りしました。



聖書の学びでは、旧約聖書の
「ヨナ書1章」
を学びました。

ヨナ書の分類
Ⅰ.序言(1章1節)
Ⅱ.逃避の預言者(1章2〜16節)
 a.逃避(1章3節)
 b.海難(1章4〜6節)
 c.糾明(1章7〜10節)
 d.対策(1章11〜13節)
 e.投入(1章14〜16節)
 f.助命(1章17節)
Ⅲ.祈りの預言者(2章1〜9節)
 a.危難(2章1〜6節)
 b.賛美(2章7〜9節)
Ⅳ.服従の預言者(2章10節〜3章10節)
 a.救助(2章10節)
 b.命令(3章1,2節)
 c.告知(3章3,4節)
 d.改悛(3章5〜9節)
 e.憐憫(3章10節)
Ⅴ.不満の預言者
 a.苦情(4章1〜4節)
 b.慰安(4章5,6節)
 c.絶望(4章7〜9節)
 d.訓戒(4章10,11節)

“ヨナ”という人物は、“アミタイの子ヨナ”と記されています。(1節)

本書はヨナという人物が体験し、行動したことが中心となり、どのような種類の文学か、どのように解釈されるべきか、歴史書なのか例え話なのか、それとも他の種類の書物なのか解釈上の問題があります。

新約聖書でイエス様は、
「預言者ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない。」(マタイによる福音書12章39節)
と引用されています。

ヨナ書には、ある中心的主題と少しづつ明らかになる数多くの小さな教訓との双方が含まれています。

神の召命に対する預言者の不従順は、ただ災いを招いただけでありました。
しかしこの書の中心的な教えは、神の本性、全ての人の存在に対する神の憐れみの性質に関するもので、神は全人類の業と運命に深い関心をもっておられることも記しています。

ヨナ書を読む異邦人に神の関心と悔い改めがあることを求めています。




日本基督教団小松川教会の祈祷会では、
新共同訳聖書(日本聖書協会)
聖歌(日本福音連盟)
(時期によっては、1954年版讃美歌)
を使用しています。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/10(木) 11:07:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小松川教会お昼のチャペル・コンサートこれからの開催予定

20191008013738b3a.jpg


日本基督教団小松川教会
“お昼のチャペル・コンサート”
これからの開催予定

【開催日】
2019 年度
10月19日(土)
11月23日(土)
12月21日(土)

2020年度
1月18日(土)
2月15日(土)
3月21日(土)

【開演時間】
各日とも 12:15から

入場無料・全席自由

【開催場所】
日本基督教団小松川教会礼拝堂
(東京都江戸川区北葛西 4―3―9)

【アクセス】
東京メトロ東西線「西葛西」下車 徒歩約15分
都営地下鉄新宿線「船堀」下車 徒歩約20分
(東西線は、各駅停車をご利用ください)

【教会ホームページ】
小松川教会ホームページへ


教会には駐車場のご用意がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

どなた様もお誘い合わせの上、是非お気軽にお越しくださいませ。

皆様のお越しをお待ちしております。


※教会には駐車場のご用意がありませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

※都合により、コンサートの開催日や演奏者が変更になる場合がございますのでご了承ください。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/09(水) 11:15:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の浅草橋教会フレッシュタイムコンサート

20191008141434ad2.jpg


今月も、浅草橋教会で開催されたフレッシュタイムコンサートに行きました。



今回は、“喜び”・“祈り”・“感謝”をテーマとした曲の演奏でした。



今回演奏された曲目は、
(曲目は、配布されたプログラムより抜粋)

【喜び】
ウィラン
「喜びもて」

クレプス
「喜べ、我が魂よ」

J.S.バッハ
「イエス我が喜び」
「主よ、人の望みの喜びよ」


【祈り】
ベーム
「天にまします我らの父よ (メンデルスゾーンのコラール)」

ボエルマン
「ノートルダムの祈り」


【感謝】
J.S.バッハ
「いざ我ら主に感謝をささげん」


でした。



今回はパイプオルガンの演奏で、演奏者(敬称略)は、
伊藤愛子
でした。



次回は、
11月12日(火) 12:30
に開催される予定です。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/08(火) 14:20:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は聖歌隊練習

今日は礼拝後に、聖歌隊の練習がありました。


今日から12月のクリスマスに向けての課題曲
“讃美歌111番「神の御子は今宵しも」”
の練習が始まりました。


この曲は昨年はハンドベルの課題曲になり、何度か課題曲になったことがあります。


今回も曲の出だしから4声
女声(ソプラノ,アルト)
男声(テノール,バス)
に分かれて歌います。


前回も歌う時に4声に分かれて歌いましたので、感を取り戻し、12月の奉唱には上手く歌うことが出来るように練習を頑張りたいです。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/06(日) 17:55:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

受洗10年目を迎えました

20191006141201fcc.jpg

201910061412191af.jpg


今日の礼拝(世界聖餐日礼拝)で、私は受洗して10年目を迎えました。


私は10年前、現在ドイツで宣教師として活躍している前任の牧師の牧師人生第1号の受洗者となりました。


当時、牧師は洗礼を授けるのは初めてなので、受洗槽にどのくらい水を入れて良いのか温度はどのくらいが適温なのかなどいろいろありましたが、無事に洗礼式を迎えることが出来ました。


日本基督教団小松川教会では、洗礼式では、
“讃美歌199番「わがきみイエスよ」”
を歌います。


私の洗礼式では、上階席(現在パイプオルガンが設置されている場所)で聖歌隊が讃美歌199番を歌ってくれました。


礼拝後は聖歌隊に誘われ、すぐに入会しましたので、聖歌隊メンバーとしても10年目を迎えます。


今日の礼拝後も、偶然にも聖歌隊練習がありました。


まだ受洗してから10年ですが、これからもいろいろありますが、信仰を持ち続けていきたいです。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/06(日) 14:17:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第34回教会音楽祭へ

20191005170803a6e.jpg


今日の午後は、青山学院大学ガウチャー礼拝堂で開催された、
“第34回 教会音楽祭”
に行きました。



今回のテーマは、
“旅”
でした。



この音楽祭は、2年に1度キリスト教会の超教派で開催され、各教会の聖歌隊が奉唱いたします。



今回の内容は、

【創造】
前唱
「世の初め、鳥のように」
招詞
「創世記1章1,2節」
奉唱
「造られたものは」

【主の民の旅】
会衆賛美
「アブラハムよ (1〜4節)」
奉唱
「オラトリオ『ヨブ』よ
終曲 “エホバ与え、エホバ取り給う”」
会衆賛美
「目を上げ、わたしは見る」

【十字架への旅】
会衆賛美
「アブラハムよ (5,6節)」
奉唱
「わたしは道、真理、命」
奏楽
「Simple Gifts」
奉唱
「おどり出る姿で (讃美歌21-290番)」

【共なる旅】
聖書朗読
「ヨハネによる福音書14章1〜7節」
メッセージ
「旅のコツ」
祈り
会衆賛美
「すくいの道を」
献金
「Amazing Grace」
主の祈り
「天にいますわたしたちの父」

【旅は続く】
奉唱
「あるこうみんなともに」
「ロケットにのって」
「すべての恵みの (新生讃美歌563番)」
「Jesus walked this lonesome valley」
「神に感謝を」

【旅立ち】
会衆賛美
「神の民」
奉唱
「旅人たちは」
派遣
「ヨハネの黙示録22章21節」
祝福
奉唱
「Irish Blessing」
退堂
「みんなで輝く日が来る」

でした。



今回の参加教会と奉唱曲は、

日本福音ルーテル教会・日本ルーテル教団・ルーテル学院聖歌隊
「オラトリオ『ヨブ』より終曲 “エホバ与えエホバ取り給う”」

日本基督教団
「おどり出る姿で (讃美歌21-290番)」

日本バプテスト連盟
「すべての恵みの (新生讃美歌563番)」

日本聖公会
「Jesus walked this lonesome valley」
「Irish Blessing」

カトリック教会
「神に感謝を」

カンバーランド長老キリスト教会
「旅人たちは」

青山学院幼稚園年長組有志
「あるこうみんなともに」
「ロケットにのって」

ハンドベルの奏楽として、
青山学院女子短期大学グロリアスクワイアが
「Simple Gifts」
「Amazing Grace」(献金時)
「みんなで輝く日が来る」(退堂時)
の演奏をしていました。



私はこの教会音楽祭は久しぶりに行きましたが、どの教会の聖歌隊も歌声がとても素晴らしかったです。


また機会があれば、是非とも行きたいと思います。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/05(土) 20:37:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はハンドベル練習

2019100517062663b.jpg


今日はハンドベルの練習がありました。


今回も12月に向けての課題曲
“聖歌128番「たがいに喜び」”
“讃美歌104番「きたり聞けよみ告げを」”
“讃美歌109番「きよしこの夜」”
“「ジングルベル」”
を練習しました。



今回の練習は、

【前半】
基礎練習
「たがいに喜び」
きたり聞けよみ告げを

【休憩を挟み後半】
引き続き「きたり聞けよみ告げを」
「きよしこの夜」
「ジングルベル」

でした。



今回から
「きよしこの夜」
「ジングルベル」
の2曲は、トーンチャイムを使用する練習が始まりました。



今日の練習では、ベルを鳴らすタイミングを中心に行いました。



次の練習では、タイミング良くベルを鳴らせるように頑張りたいです。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/05(土) 17:41:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Olives vol.18が届きました

20191004173232eef.jpg


いのちのことば社から、クリスチャン生活カタログの
“Olives (オリーブス) vol.18”
が届きました。


キリスト教関連商品が多数掲載されており、特に今回はクリスマス関連商品やカレンダーなども掲載されていました。


いろいろな商品が掲載されていますので、見ているだけでも楽しいです。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/04(金) 17:34:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の鳥居坂教会パイプオルガンコンサート

20191004142603e8f.jpg

2019100414261944f.jpg


今月も、六本木にある鳥居坂教会で開催されたパイプオルガンコンサートに行きました。


今回演奏された曲目は、

J.クーナウ
「聖書に基づく歴史的物語 全6話 (聖書ソナタ)」
『第1話 ダビデとゴリアテの戦い』
“1.ゴリアテの空威張り”
“2.イスラエルの人々の戦慄と神への祈り”
“3.ダビデの勇気”
“4.ダビデとゴリアテの言い争いと戦い”
“5.逃走と殺戮”
“6.勝利を喜ぶ”
“7.女たちの歌声”
“8.歓喜に湧く皆々”

J.S.バッハ
「フーガ ロ短調 A.コレルリの主題による BWV579」

でした。


J.クーナウの「聖書ソナタ」はチェンバロで演奏される曲ですが、今回はパイプオルガンのアレンジで演奏されました。


今回の演奏者(敬称略)は、
米山浩子
でした。


次回は、
11月1日(金) 12:25
に開催される予定です。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/04(金) 14:43:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲は、
“問123”
でした。


問123
第二の願いは何ですか。

答え
“み国を来たらせたまえ”です。
すなわち、

“あなたが全てとなられる御国の完成に至るまで、私達がいよいよあなたに従うことが出来ますよう、あなたの御言葉と御霊とによって私達を治めてください。
あなたの教会を保ち進展させてください。
あなたに逆らう悪魔の業や力、あなたの聖なる御言葉に反して考え出される全ての邪悪な企てを滅ぼしてください”

ということです。

参照聖書箇所
詩編119編5,105節・122編6〜9節・143編10節
マタイによる福音書6章33節・16章18節
使徒言行録2章42〜47節
ローマの信徒への手紙8章22,23節・16章20節
コリントの信徒への手紙Ⅰ 15章28節
ヨハネの手紙Ⅰ 3章8節
ヨハネの黙示録22章17〜20節




(参照聖書箇所は、新共同訳聖書を基にしています)





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/03(木) 16:44:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨夜の祈祷会

私が通う日本基督教団小松川教会で、昨日の夜に行われた祈祷会では、


聖歌は、
528番「いまだ見ぬ地」
593番「ああめぐみ」 (参加者のリクエスト)
472番「人生の海のあらしに」
を歌いました。

今回歌いました、
聖歌472番「人生の海のあらしに」は、
“新聖歌248番”
にもなっています。



お祈りでは、まず参加者皆で旧約聖書の「ホセア書2章21,22節」を読み、私は
「土曜日のハンドベル練習のこと」
「特別講演会のこと」
「今度の礼拝のこと」
をお祈りしました。



聖書の学びでは、新約聖書の
「ガラテヤの信徒への手紙6章11〜18節」
を学びました。

パウロはガラテヤの人々に宛てた手紙を終えるにあたり、最後の挨拶を記すのではなく、
11節「このとおり、わたしは今こんな大きな字で、自分の手であなたがたに書いています。」と、もう一度この手紙にとって最も重要なことを記そうとしています。

この手紙が書かれた目的は、
“救われるためには割礼を受けることが必要だとの誘いに決して乗らないように”
と注意を与えることでした。

パウロは、“誇り”や“誇る”という言葉を多く用いています。
“信仰者の誇り”をもって信仰生活の有様をしめしてきました。
14節「わたしは、わたしたちの主イエス・キリストの十字架のほかに、誇るものが決してあってはなりません。」パウロは最後に、福音の真理を記します。
十字架は痛みや苦難そのものです。決して誇るものではありません。
しかし、イエス様の苦しみと惨めさは私たちのためであるから、私たちは十字架を誇るのです。

14節「十字架によって、世はわたしに対し、わたしは世に対してはりつけにされたのです。」イエス様の十字架によって、世とそれに属するものの終わりを知って、その迫害の力を恐れなくても良い。この世の力や律法もイエス様の十字架によってはりつけにされたのです。
イエス様の十字架は、律法の力やこの世の勢いから、私たちを解放して自由の中に生かされているのです。

15節「大切なのは、新しく創造されることなのです。」パウロは、イエス様の十字架は、それまでの律法を完成させ、イエス様を信じる者には神の新しい命を与えてくださいました。
十字架は神の再創造です。イエス様を信じる者に条件無しで永遠の命を与えてくださり、この恵みの中に生きる者へ私たちを造り変えてくださいました。





日本基督教団小松川教会の祈祷会では、
新共同訳聖書(日本聖書協会)
聖歌(日本福音連盟)
(時期によっては、1954年版讃美歌)
を使用しています。





お金がたまるポイントサイトモッピー

1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
  1. 2019/10/03(木) 12:25:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0