FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

昨夜の祈祷会

私が通う日本基督教団小松川教会で、昨日の夜に行われた祈祷会では、


聖歌は、
聖歌498番「うたいつつ歩まん」
聖歌456番「さかえの王にます主の」(参加者のリクエスト)
聖歌514番「ひかりの高地に」
を歌いました。

今回歌いました、
聖歌498番「うたいつつ歩まん」は、
“新聖歌325番”
にもなっています。

聖歌514番「ひかりの高地に」は、
“新聖歌458番”
にもなっています。

参加者のリクエストで歌いました、
聖歌456番「さかえの王にます主の」は、
“新聖歌361番”
にもなっています。



お祈りでは、まず参加者皆で旧約聖書の「詩編1編6節」を読み、私は
「先日火事になったカトリック高円寺教会の1日でも早い復旧のこと」
「今度の礼拝のこと」
「病で療養中の信徒のこと」
をお祈りしました。



聖書の学びでは、新約聖書の
「テサロニケの信徒への手紙Ⅱ 2章13〜17節」
を学びました。

パウロは12節までにこの手紙の主題を終えますが、13節で「主に愛されている兄弟たち」と呼びかけます。

再臨が既に来ているという偽りが語られ、それを信じる者が現れるが、本当の再臨を待つようにパウロは再び呼びかけます。

13節の「感謝せずにはいられません」と、パウロは自分が本当に神に感謝しなければ自分は為すべきことをしていなあたことになり、テサロニケの兄弟姉妹の信仰に激しく心を動かされます。

神はあなた方に“聖霊のきよめ”を与えられ、そして“福音の真理の信仰を守ること”により神の“選ばれた者たち”となったことを「感謝せずにはいられません」と記しています。

14節“主イエス・キリストの栄光にあずからせていただくために”、パウロの福音宣教を通しての“神の招き”としてあなた方は招かれた者たちであると記しています。

15節パウロを通して神が語り、示された選びと招きの真理に立ち続ける、如何なる言葉にも動揺せずにしっかり立ち続ける励ましを与えます。

16,17節ここからはパウロの祈りです。
再臨とは、“永遠の慰めと確かな希望”として与えられています。
そしてイエス様が再び来られることを信じる“恵み”として与えてくださいます。

神はあなたを励まし、“善い働きをする者”、“善い言葉を語る者”、主イエス様を待ち続ける者が告げる確かな希望の言葉として現れるようにと祈ります。

この祈りは私たちへの祈りでもあります。
私たちが祈り続けていく祈りでもあります。






日本基督教団小松川教会の祈祷会では、
新共同訳聖書(日本聖書協会)
聖歌(日本福音連盟)
(時期によっては、1954年版讃美歌)
を使用しています。

※今回はハイデルベルク信仰問答の学びはありませんでした。





お金がたまるポイントサイトモッピー
スポンサーサイト



  1. 2019/01/31(木) 14:35:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小松川教会のフォトブックを作成しました

この度、しまうまフォトブック(しまうまプリント)で、私が通う日本基督教団小松川教会のフォトブックを作成しました。

201901301428066fe.jpg

 
ページ数:32ページ
サイズ:A5
タイプ:スタンダード
(スマホから作成したので、スタンダードタイプのみ)

です。





お金がたまるポイントサイトモッピー

  1. 2019/01/30(水) 14:29:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲は、

“問72〜問74”

でした。



問72
それでは外的な水の洗いは、罪の洗い清めそのものですか。

答え
いいえ。
ただイエス・キリストの血と聖霊のみが私達を全ての罪から清めてくださるのです。

参照聖書箇所
マタイによる福音書3章11節
ペトロの手紙Ⅰ 3章21節
ヨハネの手紙Ⅰ 1章7節



問73
それではなぜ、聖霊は洗礼を「新たに造りかえる洗い」や「罪の洗い清め」と呼んでおられるのですか。

答え
神は何の理由も無くそう語っているのではありません。

すなわち体の汚れが水により除かれるように、私達の罪がキリストの血と霊により除かれるということを、私達に教えようとしておられるのです。

そればかりか、私達が現実の水で洗われるように、私達の罪から霊的に洗われることも現実であるということを、神はこの神聖な保証としるしとを通して、私達に確信させようとしておられるのです。

参照聖書箇所
使徒言行録2章38節
ローマの信徒への手紙6章3,4節
コリントの信徒への手紙Ⅰ 6章11節
ガラテヤの信徒への手紙3章27節
ヨハネの黙示録1章4,5節・7章14節



問74
幼児にも洗礼を授けるべきですか。

答え
そうです。
なぜなら幼児も大人と同様に、神の契約とその民に属しており、キリストの血による罪の贖いと信仰を生み出される聖霊が、大人に劣らず幼児にも確約されているからです。

それゆえ、幼児もまた、契約のしるしとして洗礼を通してキリストの教会に繋がれ、未信者の子供たちとは区別されるべきです。

そのことは、旧約聖書では割礼によりなされましたが、新約聖書では洗礼がそれに代わって制定されているのです。

参照聖書箇所
創世記17章7〜14節
イザヤ書44章1〜3節
マタイによる福音書19章14節
使徒言行録2章38,39節・10章47節・16章31節
コリントの信徒への手紙Ⅰ 7章14節
コロサイの信徒への手紙2章11〜13節





(参照聖書箇所は、新共同訳聖書を基にしています)





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/24(木) 15:08:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨夜の祈祷会

私が通う日本基督教団小松川教会で、昨日の夜に行われた祈祷会では、


聖歌は、
聖歌453 番「罪深きこの身」
聖歌621番「けがれとあらそいは」(参加者のリクエスト)
聖歌472番「人生の海の嵐に」
を歌いました。

今回歌いました、
聖歌472番「人生の海の嵐に」は、
“新聖歌248番”
にもなっています。



お祈りでは、まず参加者皆で旧約聖書の「ゼカリヤ書13章1節」を読み、私は
「病で治療中の信徒のこと」
「土曜日のハンドベル練習のこと」
「今度の礼拝のこと」
をお祈りしました。



聖書の学びでは、新約聖書の
「テサロニケの信徒への手紙Ⅱ 2章1〜12節」
を学びました。

テサロニケの信徒への手紙Ⅱ 2章1〜12節は、新約聖書の中でも難解な文章の一つとされています。

パウロが再びテサロニケの教会へ手紙を書くきっかけとなった動機であるとされています。

1,2節では、パウロは「主イエス・キリストが来られること」と「わたしたちが集められること」は、“再臨”の見方を変えて表現していると考えられます。

そして、再臨の時の“集い”は現在私たちが礼拝に集うことにつながっています。

パウロは、再臨は既に起こっていると伝える者やパウロの名を騙って手紙を書き送っている者たちが告げる偽りの言葉によりテサロニケの兄弟姉妹が騙されてはいけない、偽りの言葉により“動揺”せず“慌てない”でほしいと願っています。

3節の“不法の者”の出現は必ずあると告げています。
そして今は抑えられている時であるとも告げています。(6節)

神がその御心を私たちに現すために、イエス様を私たちと同じ人として与えてくださいました。
この受肉はサタンも行います。
“不法の者”は、サタンによって私たちに与える者です。
そして、“不法の者”はサタンの働きによって偽りの奇跡やしるしや不思議な業を行い、不義を用いて人々を欺きます。

今はまだ“不法の者”の出現は抑えられているとパウロは記しています。(7節)

再臨は、偽りを信じた者や不義を喜ぶ者には裁き、神との断絶という“滅び”を与えます。

“不法と混乱と偽り”の時に、真理である“主イエス・キリストが来られること”、“その御元に集められること”を求める者に再臨の救いの確信は与えられます。






日本基督教団小松川教会の祈祷会では、
新共同訳聖書(日本聖書協会)
聖歌(日本福音連盟)
(時期によっては、1954年版讃美歌)
を使用しています。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/24(木) 12:56:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第41回キリスト教一致祈祷集会へ

201901201623098f5.jpg


20190120162330a47.jpg


今日は礼拝後に、カトリック渋谷教会にて執り行われた、

“2019年 第41回キリスト教一致祈祷集会”

に行きました。


今回のテーマは、

「ただ正しいことのみを追求しなさい」

でした。


この集会は、カトリックとプロテスタントが共に一つとなって祈り、聖歌や讃美歌を歌い、1年ごとにカトリックとプロテスタントの教会が交互で執り行われ、今年はカトリック教会で行われました。



今回の集会の内容は、

【第1部】

《開会》
キャンドル点火
開会の祈り
会衆賛美 讃美歌第2編1番「こころを高くあげよう」
キャンドル消火

《みことばの典礼》
第一朗読 申命記16章11〜20節
答唱詩編 典礼聖歌172番「私たちは神の民」
第二朗読 ローマの信徒への手紙12章1〜13節
アレルヤ唱 典礼聖歌268番
福音朗読 ルカによる福音書4章14〜21節
説教
会衆賛美 典礼聖歌396番「救いの道を(教会は一つ)」

《信仰一致の礼拝》
信仰告白 ニケア・コンスタンティノープル信条
平和の挨拶
献金
共同祈願
主の祈り
聖歌隊奉唱

《閉会》
派遣・祝祷
閉会の賛美 カトリック聖歌659番「かいぬしわが主よ」
挨拶


【第2部】(別室へ移動)

《交わるのとき》
両教会(聖ヶ丘教会・渋谷教会)からの挨拶
会食と懇親
賛美 讃美歌21-290番「おどり出る姿で」
結びの言葉

でした。



カトリックとプロテスタントが1つになって共同の集会が執り行われ、とても良い集会でした。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/20(日) 17:04:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の小松川教会お昼のチャペル・コンサート

201901191422059f6.jpg

20190119142229d9a.jpg


今日は、日本基督教団小松川教会に於きまして、

“第27回お昼のチャペル・コンサート”

が開催されました。



今回演奏された曲目は、
(曲目は、配布されたプログラムより抜粋)

J.S.バッハ
「主よ人の望みの喜びよ BWV147」

J.パッヘルベル
「アポロンの竪琴より『セバルディナ』」

J.S.バッハ
「我、汝に呼ばわる主イエス・キリストよ BWV639」
「我ら悩みの極みにありて BWV641」
「汝にこそ喜びあり BWV615」

D.ウッド
「めぐみゆたけき」
「いつくしみ深き」

C.フランク
「ソルティ ヘ短調」

でした。


今回の演奏者(敬称略)は、
中村岩城
でした。


次回(第28回)は、
2月16日(土) 12:15
に開催される予定です。


(小松川教会お昼のチャペル・コンサートは通常毎月第3土曜日に開催されますが、都合により開催日時や演奏者が変更になる場合がございますのでご了承ください)



日本基督教団小松川教会で行われる礼拝・祈祷会の時間などは、
小松川教会ホームページ
をご覧くださいませ。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/19(土) 14:40:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀座十字屋イングリッシュハンドベル無料体験会へ

2019011720153311a.jpg


20190117201555248.jpg


今日の夕方は、銀座にある銀座十字屋ハープ&フルートサロンにて開催された、

“イングリッシュハンドベル無料体験会”

に行きました。


私の他にもう1人体験希望者がおり、その方もハンドベルの経験者でした。

ベルの持ち方や鳴らし方や止め方、楽譜の見方や立ち方などを教わりました。

それに、「喜びの歌」を実際に演奏しました。

約30分の短い時間での体験会でしたが、ベルの基礎から教わることが出来て、とても充実した良い体験会でした。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/17(木) 20:35:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月に1回の聖書の学び会へ

今日は、月に1回木曜日に行われる聖書の学び会へ行きました。


今回は、

“旧約聖書におけるイスラエルの歴史”

というテーマでした。


【旧約聖書の3つの分類】
《歴史書》
モーセ5書(創世記・出エジプト記・レビ記・民数記・申命記)
ヨシュア記
士師記
ルツ記
サムエル記
列王記
歴代誌
エズラ記
ネヘミヤ記
エステル記

《文学書》
ヨブ記
詩編
箴言
コヘレトの言葉
雅歌

《預言書》
イザヤ書
エレミヤ書
哀歌
エゼキエル書
ダニエル書
(以上大預言書)
ホセア書
ヨエル書
アモス書
オバデヤ書
ヨナ書
ミカ書
ナホム書
ハバクク書
ゼファニヤ書
ハガイ書
ゼカリヤ書
マラキ書
(以上小預言書)

旧約聖書の半分強は、イスラエルの歴史です。




【イスラエルの歴史を学ぶ必要性】
新約聖書と旧約聖書は密接な関係にあり、イエス様の生涯に対しての預言を読むと、神の救いがより一層見えてきます。

参照聖書箇所
詩編51編
サムエル記下11章1節〜12章15節
ヨハネによる福音書1章29節
出エジプト記12章21〜23節



【時代・登場人物・旧約聖書の歴史書での箇所】
(時代は紀元前)
《時代》
2000年〜1600年
《主な登場人物》
アブラハム
イサク
ヤコブ
ヨセフ
《旧約聖書の歴史書》
創世記12章以降

《時代》
1300年〜1200年
《主な登場人物》
モーセ
ヨシュア
《旧約聖書の歴史書》
出エジプト記
ヨシュア記

《時代》
1000年〜920年
《主な登場人物》
ダビデ
ソロモン
《旧約聖書の歴史書》
サムエル記上下
列王記上10章まで

《時代》
850年〜800年
《主な登場人物》
エリヤ
エリシャ
《旧約聖書の歴史書》
列王記上後半〜列王記下前半

《時代》
700年
《主な登場人物》
イザヤ
《旧約聖書の歴史書》
列王記下19〜20章

《時代》
600
《主な登場人物》
エレミヤ
《旧約聖書の歴史書》
列王記下と歴代誌下の後半

《時代》
400
《主な登場人物》
エズラ
ネヘミヤ
エステル
《旧約聖書の歴史書》
エズラ記
ネヘミヤ記
エステル記



【統一王国となるまで】
旧約聖書では、イスラエルが国として形が整うのは、紀元前1000年のダビデの即位からですが、それ以前から共同体としての形がありました。

創世記4章26節
ここで初めて、神が信仰の対象となったことが記されています。

創世記14章17〜24節
職業的な祭司がいたこと、いざという時には集合して助け合っていたこと。

士師記6章33〜35節
ギデオンは王制を拒否し、民もその判断を受け入れる。

サムエル記上8章1〜9節
ここで初めて、イスラエルは王を戴こうとします。

サムエル記下5章1〜5節
ダビデはイスラエルとユダの統一王国の初代の王となりました。




列王記や歴代誌には、南北分裂以降の王の動向が記されています。

南ユダ王国は、王の血統を重んじてダビデの血筋を守りました。

北イスラエル王国は反対にクーデターが多く、血統はほとんど無視して力で王位を奪い取り合いました。

南北共に王の記録としながら、どのような政策や事業をしたかということではなく、神に従ったかどうかを重視して記されています。





来月(2月)の聖書の学び会は、私はまだ行けるかどうかはまだ未定です。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/17(木) 20:11:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲

今回学んだハイデルベルク信仰問答の範囲は、

“問69 〜問71”

でした。



問69
あなたは聖なる洗礼において、十字架上でのキリストの唯一の犠牲があなたの益になることを、どのように思い起こし、確信させられるのですか。

答え
キリストがこの水の洗いを制定された時、約束されたことは、私が自分自身の魂の汚れ、すなわち私の全ての罪をこの方の血と霊により確実に洗っていただけるということ。

そしてそれは、日頃の汚れを落としているその水で、私が外的に洗われることと同じくらい確実であるということです。

参照聖書箇所
マタイによる福音書3章11節
使徒言行録2章38節
ローマの信徒への手紙6章3〜10節



問70
キリストの血と霊によって洗われるとはどのようなことですか。

答え
それは、十字架上での犠牲において、私達のために流されたキリストの血のゆえに、恵みにより神から罪の赦しを得るということです。

さらに、聖霊により新しくされ、キリストの一部分として聖別されるということでもあります。

それは、私達が次第に罪に死に、より一層敬虔で潔白な生涯を歩むためです。

参照聖書箇所
エゼキエル書36章25〜27節
ゼカリヤ書13章1節
ヨハネによる福音書3章5〜8節
ローマの信徒への手紙6章4節
コリントの信徒への手紙Ⅰ 6章11節
エフェソの信徒への手紙1章7,8節
コロサイの信徒への手紙2章11,12節
ヘブライ人への手紙12章24節
ペトロの手紙Ⅰ 1章2節
ヨハネの黙示録1章4,5節



問71
私達が洗礼の水によることと同じく、この方の血と霊により確実に洗っていただけるということを、キリストはどこで約束なさいましたか。

答え
洗礼の制定箇所に次のように記されています。

「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授けなさい。」

「信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。」

この約束は聖書が洗礼を「新たに造りかえる洗い」や「罪の清め」と呼んでいる箇所でも繰り返されています。

参照聖書箇所
マタイによる福音書28章19節
マルコによる福音書16章16節
使徒言行録22章16節
テトスへの手紙3章5節




(参照聖書箇所は、新共同訳聖書を基にしています)





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/17(木) 11:03:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨夜の祈祷会

私が通う日本基督教団小松川教会で昨日の夜に行われた祈祷会では、


聖歌は、
聖歌428番「とうとき泉あり」
聖歌456番「さかえの王にます主の」(参加者のリクエスト)
聖歌444番「われに聞かしめよ」
を歌いました。

今回歌いました、
聖歌428番「とうとき泉あり」は、
“新聖歌238番”
“讃美歌239 番「さまよう人々」”
にもなっています。

聖歌444番「われに聞かしめよ」は、
“新聖歌242番”
にもなっています。 

尚、参加者のリクエストで歌いました、
聖歌456番「さかえの王にます主の」は、
“新聖歌361番”
にもなっています。



お祈りでは、まず参加者皆で旧約聖書の「エゼキエル書14章23節」を読み、私は

「土曜日のチャペル・コンサートのこと」
「今度の礼拝のこと」
をお祈りしました。



聖書の学びでは、新約聖書の
「テサロニケの信徒への手紙Ⅱ 1章1〜12節」
を学びました。

テサロニケの信徒への手紙Ⅱ 1章1〜12節では、
1,2節
挨拶文
3,4節
迫害と艱難の中における教会の成長についての感謝と感想
5〜10節
神の正しい裁き
11〜12節
パウロの祈り
で構成されています。

テサロニケの信徒への手紙ⅠとⅡが記された間は数ヵ月間であったとされています。
手紙Ⅰでのテサロニケの教会からの返事があり、その返事に応答したのがこの手紙Ⅱとされています。

テサロニケの教会が置かれている状況は平安ではありません。
その中で現在も
“信仰の成長”
“愛の豊かさ”
“忍耐から希望”
を現している教会であることをパウロは
再び誇りに思っていると記しています。

「正しいことを行われます(6節)」迫害や苦難をも神の正しさを現す出来事であり、その中に希望があると信じられる信仰が“神の国にふさわしい者”の信仰であると語ります。

7節以降“再臨”を“必ず”起こる事と信じ、今を生きること、神は生きる者に“休息”を持って報いてくださる。
新約聖書で休息は、“再び起き上がる力を与えてくださること”、“新鮮な生命力が与えられて生きること”を意味します。

11節以降はパウロの祈りです。
テサロニケの教会だけでなく、現在の私たちも祈られています。





日本基督教団小松川教会の祈祷会では、
新共同訳聖書(日本聖書協会)
聖歌(日本福音連盟)
(時期によっては、1954年版讃美歌)
を使用しています。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/17(木) 10:25:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の神田キリスト教会パイプオルガンコンサート

2019011614431327a.jpg


今月も、秋葉原にある神田キリスト教会で開催されたパイプオルガンコンサートに行きました。


先月は他用で行くことが出来なかったため、このコンサートに行くのは2ヶ月ぶりになります。


今回演奏された曲目は、

N.ブルーンズ
「プレルディウム ト長調」

D.ブクステフーデ
「暁の星のいと美しきかな BuxWV223」

J.S.バッハ
「主キリストよ、唯一の神の御子 BWV698,BWV Anh.55,Emans85」(全3曲)
「前奏曲とフーガ ト短調 BWV535」

でした。



今回の演奏者(敬称略)は、
ジョナサン・ウォーラーズ
でした。


次回は、
2月20日(水) 12:20
に開催される予定です。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/16(水) 14:43:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019首都圏ユースニューイヤーフェスティバルへ

201901141747017f0.jpg


20190114174727696.jpg


今日は、日本基督教団浦和別所教会にて開催された、

“2019 首都圏ユース ニューイヤー フェスティバル”

に行きました。


複数の教会から中高生や青年の方が集い、賛美やレクリエーションなどで楽しみました。


内容は、

11:00
中高生や青年達で結成されたバンドでの演奏による賛美
聖書からのメッセージ

12:00
皆でおでんを食べる昼食会
20190114174805cda.jpg

20190114175030b83.jpg


13:00
自己紹介やゲームなどによるレクリエーション

15:00
皆でお掃除、その後解散

でした。


私は中高生や青年から年齢が離れており、ほとんどの方とは初対面でしたが、年齢に関係無くとても楽しむことが出来ました。






お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/14(月) 18:56:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ALPHA結成30周年記念ハンドベルコンサートへ

201901122151011be.jpg


201901122151223fb.jpg


2019011221513983f.jpg


今日の夕方から、渋谷にある渋谷区文化総合センター大和田で開催された、

“ALPHA結成30周年記念ハンドベルコンサート”

に行きました。


現地に着くと、開場前からすでにたくさんの方々が並んでおり、開演になると場内の全席が埋まる程の超満員でした。



今回演奏された曲目は、

【前半】

「歌劇『ウィリアム・テル』序曲」

「虹のかなたに」

「ガボット」

「讃美歌338番『主よ終わりまで』」

「星条旗よ永遠なれ」

「歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』より“間奏曲”」

「荒城の月」

「神の子羊」


【休憩を挟み後半】

「讃美歌166番『イエス君はいとうるわし』による瞑想曲」

「ピケットフェンスのセレナーデ」

「ニュー・シネマ・パラダイス・メドレー」

「喜歌劇『軽騎兵』序曲」

「アダージョ」

「愛の挨拶」

「チャルダッシュ」


【アンコール】

「この素晴らしい世界」

「ラデツキー行進曲」

でした。



今回は30周年記念ということもあり、OBやOGも演奏に参加していました。


初めから終わりまで演奏を見ていましたが、私は到底真似が出来ない程に素晴らしい演奏でした。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/12(土) 22:20:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はハンドベル練習

今日はハンドベルの練習がありました。

聖歌隊と同様に、4月に向けての練習が始まりました。


今回は、
讃美歌461番「主われを愛す」
讃美歌21-575番「球根の中には」
の2曲を練習しました。


今回の練習は、

【前半】
基礎練習
讃美歌461番「主われを愛す」

【休憩を挟み後半】
讃美歌21-575番「球根の中には」

【最後は】
2inハンド・シェリーの練習

でした。


「主われを愛す」
「球根の中には」
の2曲は過去にも課題曲になったことがあり、特に「主われを愛す」は2012年に演奏したアレンジの曲になりました。

どちらも久々に練習をしたので、勘を取り戻す感じで練習しました。


課題曲の練習後は、
2inハンド・シェリー
の奏法の練習をしました。

今回の課題曲ではこの奏法は行いませんが、これからの課題曲によっては行う可能性もありますので、練習しました。


4月の奉鐘まではまだ日にちがありますが、勘を取り戻して演奏をしたいと思います。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/12(土) 13:32:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の鳥居坂教会パイプオルガンコンサート

20190111144457ba6.jpg


20190111144516491.jpg


今月も、六本木にある鳥居坂教会で開催されたパイプオルガンコンサートに行きました。


鳥居坂教会のパイプオルガンコンサートは通常毎月第1金曜日に開催されますが、今月は第2金曜日の開催となりました。


今回演奏された曲目は、

J.S.バッハ
「『オルガン小曲集』より」
“われらキリスト者 BWV612”
“われを助けて神の慈悲をたたえしめよ BWV613”
“古き年は過ぎ去り BWV614”
“汝のうちに喜びあり BWV615”

「前奏曲 変ホ長調 BWV552」

でした。



今回の演奏者(敬称略)は、
米山浩子
でした。


次回は、
2月1日(金) 12:25
に開催される予定です。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/11(金) 14:45:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私が持っているとても小さな聖書

私が持っているとても小さな聖書。
20190110013123327.jpg

小さいながらも、
旧約聖書の創世記〜新約聖書のヨハネの手紙Ⅲ
まで書いてあります。
20190110013142c29.jpg


201901100132099cf.jpg

ICカードのSuicaよりも小さいです。
20190110013225253.jpg






お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/10(木) 17:25:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨夜の祈祷会

私が通う日本基督教団小松川教会で、昨日の夜に行われた祈祷会では、


聖歌は、
聖歌361番「にいどしのあさ」
聖歌135番「われらはきたりぬ」(参加者のリクエスト)
聖歌406番「むねのおくに」
を歌いました。
(今月から日本福音連盟の聖歌を使用します)

今回参加者のリクエストで歌いました、
聖歌135番「われらはきたりぬ」は、
“新聖歌96番”
“讃美歌第2編52番”
にもなっています。



お祈りでは、まず参加者皆で旧約聖書の「レビ記9章6節」を読み、私は
「久しぶりに訪れた信徒のこと」
「土曜日のハンドベル練習のこと」
「今度の礼拝のこと」
をお祈りしました。



聖書の学びでは、新約聖書の
「テサロニケの信徒への手紙Ⅰ 5章12〜28節」
を学びました。

5章12節からは本書の結びとなります。

12節の初めに“兄弟たち”とパウロは呼びかけます。
当時のテサロニケの教会内における役職はまだはっきりと決まってはいませんでした。
その中に、“主に選ばれた者”として“導き戒める”説教者のような立場の人たちがいました。
その者たちの労苦を感謝し、その働きを他の信徒は尊敬するように願っています。

13節
“互いに平和に過ごしなさい”
教会生活や教会以外の者との生活において、キリスト者は“復活したキリストと共にいる”と、平和の中を歩むものです。

14節で、
“怠けている者を戒め”
“気落ちしている者を励まし”
“弱い者を助ける”
ことを勧めています。それには忍耐が必要となります。

そして15節で、
“悪に報いることのないように”
“善を行うように努めなさい”
と、積極的に良い行いを歩むことを願っています。

16節“いつも喜んでいなさい”
17節“絶えず祈りなさい”
18節“どんなことにも感謝しなさい”
これこそ神が望んでおられる信仰者の姿です。

パウロはこの手紙を終わるにあたり、「わたしのためにも祈ってください(25節)」と祈りの援護を求めています。

とりなしの祈りは、共に課題を担うことです。
パウロの伝道を祈りにより共に担う。祈りの力を知ったパウロが、兄弟姉妹の祈りを求めています。
共に伝道していく者となることを願っています。

パウロはこの手紙を、全ての兄弟姉妹たちに読んで聞かせることを強く命じて手紙を終えます。

「わたしたちの主イエス・キリストの恵みが、あなたがたと共にあるように。(28節)」
と、祝祷をもって終わります。





日本基督教団小松川教会の祈祷会では、
新共同訳聖書(日本聖書協会)
聖歌(日本福音連盟)
(時期によっては、1954年版讃美歌)
を使用しています。


※今回はハイデルベルク信仰問答の学びはありませんでした。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/10(木) 14:09:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は聖歌隊練習

今日の礼拝後は、聖歌隊の練習がありました。


まだ1月になったばかりですが、今日から4月のイースターに向けての練習が始まりました。


今回の課題曲は、

讃美歌21-333番「主の復活、ハレルヤ」

となりました。


この曲は、2017年にも課題曲になったことがあります。


今回は、
1節が全員
2節が男性
3節が女性
4節が全員
という歌い方です。


過去にも歌ったことがある曲ですので、今日の練習は、勘を取り戻すように一通り歌ってみることを中心に練習をしました。


4月のイースターまではまだ日数がありますが、早く勘を取り戻して無事に歌えるようになればと思います。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/06(日) 15:17:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の19日に小松川教会お昼のチャペル・コンサートが開催されます

20181015142601eca.jpg


今月の19日(土)に、日本基督教団小松川教会に於きまして、パイプオルガンの演奏による、

“第27回お昼のチャペル・コンサート”

が開催されます。


【開催日時】
1月19日(土) 12:15〜12:45


【開催場所】
日本基督教団小松川教会礼拝堂
(東京都江戸川区北葛西 4―3―9)


入場無料・全席自由


【アクセス】
東京メトロ東西線「西葛西」下車徒歩約15分
都営地下鉄新宿線「船堀」下車徒歩約20分
(東西線は、各駅停車をご利用ください)


【教会ホームページ】
小松川教会ホームページへ



どなた様もお誘い合わせの上、是非お気軽にお越しくださいませ。


皆様のお越しをお待ちしております。


※教会には駐車場のご用意がありませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

※都合により、演奏者が変更になる場合がございます。

※演奏曲は、当日配布されるプログラムに記載致します。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/03(木) 13:48:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月のアート聖書カレンダーの絵柄

新しい年に入りましたので、
“アート聖書カレンダー”
も2019年版を使用することとなりました。


1,2月の絵柄は、
20190102141631a93.jpg

ルイーニ
「博士たちとの論議」
(1530年 油彩 ロンドン ナショナル・ギャラリー)

です。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/02(水) 14:17:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士見町教会“日本基督教団東京教区東支区新年礼拝”へ

201901011925378d4.jpg


20190101192556abf.jpg

今日の午後は、飯田橋にある日本基督教団富士見町教会で執り行われました、
“日本基督教団東京教区東支区新年礼拝”
に行きました。


この新年礼拝は、1年ごとに富士見町教会と銀座教会の交互で執り行われ、今年は富士見町教会で行われました。


日本基督教団の東京教区東支区に該当する教会の方々が多く集っていました。



今年の新年礼拝の内容は、

前奏

讃詠 讃美歌21-83番「聖なるかな」

主の祈り

日本基督教団信仰告白

聖書朗読 「創世記1章1〜5節」・「ヨハネの黙示録21章1〜7節」

祈祷

讃美歌 21-16「我らの主こそは」

説教 「神はすべてを新しくする」 

祈祷

讃美歌 21-516番「主の招く声が」

聖餐式

献金

頌栄 讃美歌21-29番「天のみ民も」

祝祷

後奏

挨拶

でした。


新年礼拝の後は、
“伝道30年・信仰50年感謝のお祝い”
“新成人祝福”
が執り行われました。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/01(火) 19:26:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小松川教会“元旦礼拝”へ

20190101190018974.jpg


20190101190043ab4.jpg


新しい年を迎えましたので、今日の午前中は、私が通う日本基督教団小松川教会の
“元旦礼拝”
に行きました。


今年の元旦礼拝の内容は、

前奏

招詞 詩編98 編1節

主の祈り

献身の祈り

聖書朗読 詩編37編23〜29節

牧会祈祷

使徒信条

讃美歌 23番「くる朝ごとに」

説教 「祝福の道」

讃美歌 301番「山べにむかいて」

献金

頌栄 讃美歌539番「あめつちこぞりて」

祝祷

後奏

報告

でした。



尚、今年の教会標語の聖句は、
「主は人の一歩一歩を定め御旨にかなう道を備えてくださる。」
(旧約聖書 詩編37編23節)

20190101190106a5f.jpg


となりました。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/01(火) 19:02:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい年が明けました

新しい年が明けました。

この2019年が、皆様にとって良き年でありますように。

私は、今年も聖歌隊やハンドベルクワイアとして頑張っていきたいと思います。





お金がたまるポイントサイトモッピー
  1. 2019/01/01(火) 00:27:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0