FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

果たして私には出来るだろうか…

先程新約聖書の
『テサロニケの信徒への手紙I 5章16~18節』
を改めて読みました。


その中でも特に、
「いつも喜んでいなさい (16節)」
「どんなことにも感謝しなさい (18節)」
という2つの御言葉を読んで、私自身は果たして、いつも、どんなことにも喜んだり感謝出来るのだろうかと思ってしまいます。


例えば何か嫌なことや辛いことがあると怒ったり、気持ちが落ち込んだりして喜んだり感謝することが出来なかったりします。
(旧約聖書の『ヨブ記3章11節』に記されているような気分になることもあります)


また、新約聖書の
『エフェソの信徒への手紙 4章26節』
には、
「怒ることがあっても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。」
と記されていますが、私自身の過去に起きた事を思い出してそのことで再び怒ってしまうこともあります。


昨年天に召された名誉牧師先生はお祈りをする際は、良い日であっても悪い日でもまず最初に、
「天の父なる御神様、今日は何て素晴らしい良い日なんでしょう」
という言葉からお祈りしていました。


どんな時であっても感謝の気持ちをもってお祈りする姿は、私は到底真似することが出来ないと感じていました。


それに、私は名誉牧師先生のお祈りを聞く度にテサロニケの信徒への手紙Iを思い出していました。
スポンサーサイト



  1. 2017/07/31(月) 17:11:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の礼拝で


私が通う教会の礼拝では、まず招詞や聖書朗読で聖書を読み、説教は聖書朗読で読んだ箇所を中心に話されます。


今日の礼拝の説教は、
“聖なる者となる”
という題で、聖書朗読箇所にもなった、

新約聖書の
「テサロニケ信徒への手紙I 5章16~24節」
を基にした内容でした。


「悪から遠ざけ聖なる者となるように」

「神の恵みにより、私達が清められる」

「神があなたがたを聖なる者にしてくださいます」

というようなお話しをしていました。


テサロニケ信徒への手紙Iの5章といえば、

16節「いつも喜んでいなさい」

17節「絶えず祈りなさい」

18節「どんなことにも感謝しなさい」

という御言葉があります。


礼拝の始めに読まれた招詞は、
旧約聖書の
「レビ記 19章2節」
でした。

この箇所には、
「あなたたちは聖なる者となりなさい」
と書かれています。
  1. 2017/07/30(日) 13:48:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はハンドベル練習

今日はハンドベルの練習がありました。


前半はまず基礎練習から始めましたが、基礎練習の時点で右手と左手の順番を間違えてしまいました。


その後は、
「主のみいつとみさかえとを (讃美歌7番)」
「山べにむかいて (讃美歌301番)」
の2曲を練習をしました。


「主のみいつとみさかえとを」は大きなミスをすることなく無事に出来ました。
「山べにむかいて」は、前回の練習で上手く出来なかった、

“右手に持ったベル(D4)を止めると同時に左手に持ったベル(C4)を鳴らし、すぐに右手のベルを3本目のベル(E4)に持ち変えて両手に持ったベル(左手:C4・右手:E4)を同時に鳴らす”

という奏法は何とか出来ました。


休憩を挟み後半も
「山べにむかいて」
の練習を行い、
次に
「球根の中には (讃美歌21-575番)」
の練習を行いました。


「球根の中には」は使うベルは2本(C4,D4)ですが、鳴らすタイミングが難しい箇所があり、タイミングを間違えそうになったり、左右のベルを間違えそうになったりしました。


それに今日は、「きよしこの夜 (讃美歌109番)」をトーンチャイムを使って練習しました。


この曲は去年も演奏しましたが、今年も課題曲となりました。


トーンチャイムを使って練習するのは久々ですので、以前の勘を取り戻す感じで練習しました。



次回のハンドベル練習は、来週8月5日(土)ですので、上手く演奏が出来るように練習を頑張りたいと思います。
  1. 2017/07/29(土) 14:29:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日は祈祷会へ

昨日の夜は、私が通う教会の祈祷会に行きました。


昨日は朝から雨が降ったり止んだりしていましたが、夕方は雨が降っていなかった為、無事に祈祷会に行くことが出来ました。


昨日の祈祷会では皆でお祈りをする前に、新約聖書のルカによる福音書15章11~24節を学びました。


この箇所は、“放蕩息子のたとえ”として有名な箇所です。


父親の2人の息子のうち、下の息子は財産を全て金に換えて遠い国へ旅立ち、放蕩の限りを尽くして財産を無駄遣いして使い果たした時、ひどい飢饉が起こり困り果てて父親の元に帰ると、父親は喜んで最上のおもてなしをして迎え入れました。


「このたとえ話は、父親は神様です。
神様は、神様を見捨ててこの世の富みに従った者や日常が満たされていたことに気付かない者にも、御手を広げて迎い入れて下さいます。
教会を離れてしまっても、戻ってくればいつでも迎え入れて下さいます。」

ということを学びました。


あと、聖歌のリクエストでは、
聖歌88番「若草の牧場より」
をリクエストしました。


この聖歌88番は先日(7月23日)の日記に書きました、
讃美歌166番「イエス君はいとうるわし」
とは歌詞は違いますが同じメロディの歌です。


他には、信徒さん数名が先週ドイツに行っていたとのことなので、現地での出来事を報告していただきました。


ドイツのいろんな教会に行ったことや、現在宣教師として活躍している前任の牧師さんの近況を聞くことが出来ました。
  1. 2017/07/27(木) 18:07:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イエス君はいとうるわし

今日は礼拝で、

讃美歌166番「イエス君はいとうるわし」

を歌いました。



この讃美歌は以前ハンドベルの課題曲にもなったことがあります。



ハンドベル演奏の時、私は曲の出だしをやり、途中からメインの演奏になる箇所もあり結構難しかったですが、練習の時休憩時間を返上して何度も練習しました。



またこの曲は、

新聖歌141番「イエス君はいとうるわし」

讃美歌21-482番「わが主イエスいとうるわし」

聖歌88番「若草の牧場より」

カトリック聖歌288番「うるわしき」

にもなっています。



私が好きな讃美歌の1つでもあります。
  1. 2017/07/23(日) 17:23:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は聖歌隊練習

今日は礼拝後に聖歌隊の練習がありました。


今回も8月に歌う課題曲
「来たれイエスを」
の練習をしました。


今回の練習は男性パート(テノール,バス)のメンバーが少なかったですが、無事に練習が出来ました。


私も無事に楽譜通りの声を出すことが出来たので良かったです。


8月の奉唱まで練習があと2回となりました。


奉唱日にはきちんと歌えるように、残りの練習を頑張りたいと思います。
  1. 2017/07/23(日) 14:23:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の小松川教会チャペル・コンサート



今月も、小松川教会に於いてお昼のチャペル・コンサートが開催されました。



今回演奏された曲目は、

J.S.バッハ
「オルガン協奏曲 ニ短調 BWV596より “第3楽章 ラルゴ”」

G.ムファット
「トッカータ 第6番」

J.S.バッハ
「イエスは十字架につけられ給いて BWV621」

G.F.ヘンデル
「ラルゴ」

T.アルビノーニ
「アダージョ」

C.フランク
「ソルティー ロ長調」

でした。



今回の演奏者(敬称略)は、
中村岩城
でした。



来月(8月)はお休みで、次回は、
9月16日(土) 12:15
に開催される予定です。


(小松川教会お昼のチャペル・コンサートは通常毎月第3土曜日に開催されますが、都合により開催日時や演奏者が変更になる場合がございますのでご了承ください)


小松川教会ホームページ
http://www.komatsugawa-church.com/
  1. 2017/07/22(土) 14:17:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

深く感謝致します

今日開催された神田キリスト教会のパイプオルガンコンサートの後に、私が通う教会(小松川教会)のチャペル・コンサートのチラシを今回も置かせていただくことが出来ました。


神田キリスト教会の皆様に深く感謝致します。
  1. 2017/07/19(水) 14:53:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の神田キリスト教会パイプオルガンコンサート


今月も、秋葉原の神田キリスト教会で開催されたパイプオルガンコンサートに行きました。



夏の暑い日でしたが、教会内は多くの方が訪れていました。



今回演奏された曲目は、

A.de.カベソン
「第1旋法のティエント」

J.パッヘルベル
「シャコンヌ ヘ短調」

J.S.バッハ
「いと高き神にのみ栄光あれ BWV663」
「前奏曲とフーガ ハ長調 BWV531」

でした。



今回の演奏者(敬称略)は、
八代紀子
でした。



次回は、
8月16日(水) 12:20
に開催される予定です。
  1. 2017/07/19(水) 13:00:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週の土曜日に、チャペル・コンサートが開催されます


今週の土曜日に、日本基督教団小松川教会に於きまして、

“第11回お昼のチャペル・コンサート”

が開催されます。



日時
7月22日(土) 12:15~12:45

場所
日本基督教団小松川教会礼拝堂
(東京都江戸川区北葛西 4-3-9)

入場無料・全席自由

アクセス
東京メトロ東西線「西葛西」下車徒歩約15分
都営地下鉄新宿線「船堀」下車徒歩約20分
(東西線は、各駅停車をご利用ください)

教会ホームページ
http://www.komatsugawa-church.com/

教会には駐車場のご用意がありませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。


パイプオルガンの音楽で、是非ともお昼のひとときを過ごすのはいかがでしょうか。


どなた様も、どうぞ気軽にお越しください。


皆様のお越しをお待ちしております。
  1. 2017/07/17(月) 12:57:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士見町教会オルガン演奏会へ



今日の午後は、富士見町教会で開催されたオルガン演奏会に行きました。


私は開場前に現地に着きました。
中に入ると開場を待っている人が何人かおり、開場時間になると徐々に入場者が増えてきました。


演奏会が始まると、演奏者の椎名雄一郎さんによる曲の解説があり、その後オルガン演奏となりました。


演奏された曲目は、

R.ヴォーン・ウィリアムズ
「古い詩編100編の旋律による」

F.E.デュ=コーロワ
「“若い娘”による5つのファンタジー」

D.ブクステフーデ
「オルガンコラール “われ神より離れじ” BuxWV220,221」

J.S.バッハ
「オルガンコラール “われ神より離れじ” BWV658」

F.メンデルスゾーン=バルトルディ
「オルガンソナタ第6番より第1楽章」

J.ブラームス
「コラール前奏曲 “装いせよ、おお愛する魂よ”」

M.レーガー
「幻想曲とフーガ ニ短調 op.135b (短縮バージョン)」

会衆賛美
「詩編100編 全地よ主に向かい (讃美歌21-148番)」

でした。



1時間程の演奏会ですが、とても充実した演奏会でした。
  1. 2017/07/16(日) 17:25:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私が持っているギデオン協会の新約聖書


昨日某SNSで、“ホテルに置いてある聖書”のことが書いてありました。


ホテルに置いてある聖書は、“日本国際ギデオン協会”という団体が配布しております。


ギデオン協会が配布している新約聖書は私も持っています。


現在私が持っているギデオン協会の新約聖書は、

新改訳(英訳付)
新共同訳(英訳付)
新共同訳(英訳無)
ニューバイブル

を持っています。


普段出掛ける際には、某所で戴いた新約聖書(新共同訳・英訳無)をバッグの中に入れています。
  1. 2017/07/13(木) 15:03:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の浅草橋教会フレッシュタイムコンサート




今月も、浅草橋教会で開催されたフレッシュタイムコンサートに行きました。



前回は都営浅草線が事故の為に一旦秋葉原まで行き浅草橋まで向かいましたが、今回は無事に日本橋から浅草橋に行くことが出来ました。



今回も、浅草橋教会オリジナルのウェットティッシュを戴きました。



今回演奏された曲目は、

J.P.スウェーリンク
「詩編23編」

W.バード
「ソールスベリー侯爵のパヴァーヌとガイヤルド」

P.フィリップス
「アマリッリ」

J.ダルツァ
「ヴェネツィアーナのパヴァーヌ」

L.クープラン
「バスク地方のブランル シャコンヌ」

W.クロフト
「グラウンド」

G.フレスコバルディ
「トッカータ (編曲カサド)」

でした。



今回はヴァージナルとピアノとチェロの演奏で、演奏者(敬称略)は、
ヴァージナル、ピアノ:潮田章代
チェロ:潮田高志
でした。



私は今回のコンサートで、初めて“ヴァージナル”という楽器を拝見し聴いてみました。
ピアノやチェンバロと同じような鍵盤があり、音はチェンバロのような音がしました。



来月(8月)はお休みで、次回は、
9月12日(火) 12:30
に開催される予定です。

(都合により、開催日時が変更もしくは中止になる場合がございます)
  1. 2017/07/11(火) 14:25:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遅ればせながら深く感謝致します

先日(7月7日)の鳥居坂教会で開催されたパイプオルガンコンサートで、今回も私が通う教会(小松川教会)のチャペル・コンサートのチラシを置かせていただくことが出来ました。


鳥居坂教会の皆様に、深く感謝致します。
  1. 2017/07/09(日) 16:06:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴスペルカフェライブのお知らせ



来たる8月12日(土)に、日本基督教団小松川教会に於きまして、

“小松川教会ゴスペルカフェライブ”

が開催されます。



日にち
8月12日(土)

時間
Open 14:00
Start 14:30

会場
日本基督教団小松川教会2階ホール
(東京都江戸川区北葛西 4-3-9)

出演
LITTLE SEED GOSPEL CHOIR
(リトルシードゴスペルクワイア)

特別ゲスト
Vocal 永井のぞみ
Piano 永井開

入場無料

アクセス
東京メトロ東西線「西葛西」下車徒歩約15分
都営地下鉄新宿線「船堀」下車徒歩約20分
(東西線は、各駅停車をご利用ください)

教会ホームページ
http://www.komatsugawa-church.com/


教会には駐車場のご用意がこざいませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。


ドリンクやスウィーツを味わいながらゴスペルや特別ゲストの楽曲を楽しめるライブです。


皆様のお越しをお待ちしております。
  1. 2017/07/08(土) 17:05:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はハンドベル練習

今日はハンドベルの練習がありました。


今回は
まず始めに
「基礎練習」
を行い、

次に
「山べにむかいて (讃美歌301番)」
「主のみいつとみさかえとを (讃美歌7番)」
「球根の中には (讃美歌21-575番)」
の練習を行いました。


基礎練習では、左右異なった腕の振り方で戸惑いましたが何とか出来ました。


「山べにむかいて」は、左手に持ったベル(C4)を鳴らすと同時に右手に持ったベル(D4)の音を止め、すぐに右手のベルを他のベル(E4)に持ち変える方法が難しく、休憩時間中でも少し練習しました。


休憩時間後は、「主のみいつとみさかえとを」の練習を行いました。

この曲は久し振りに練習するので、ベルを鳴らし忘れてしまうことがありましたが、勘を取り戻す感じで練習しました。


その後は「球根の中には」の練習を行いました。

この曲はベルを鳴らすタイミングが難しいので、楽譜と指揮をよく見ないと、楽譜を見落として今どこの部分を演奏しているのかわからなくなってしまいます。


今回の練習は、上手くベルを鳴らせることが出来なかった点がいくつもありました。

次回のハンドベル練習は7月29日(土)に行われますが、今回良く出来なかった部分を直すことが出来れば良いと思います。
  1. 2017/07/08(土) 14:44:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の鳥居坂教会パイプオルガンコンサート



今月も、六本木の鳥居坂教会で開催されたパイプオルガンコンサートに行きました。



今回演奏された曲目は、

サムエル・シャイト
「悩みの淵より主をよびまつる (マルティン・ルター作詞)」

ヨハン・ゴットフリート・ヴァルター
「神はわがやぐら (マルティン・ルター作詞)」

ヨハン・パッヘルベル
「神はわがやぐら (マルティン・ルター作詞)」

J.S.バッハ
「バビロンの流れのほとりに 18コラールより BWV653 (BWV653aとBWV653b)」

D.ブクステフーデ
「トッカータ ヘ長調 BuxWV156」

でした。



今年は宗教改革500周年ということもあり、今回はマルティン・ルターが作詞した曲を3曲、そのうち「神はわがやぐら」を2曲演奏しました。



今回の演奏者(敬称略)は、
米山浩子
でした。



次回は、
8月4日(金) 12:25
に開催される予定です。
  1. 2017/07/07(金) 15:06:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々に祈祷会へ

昨日は久々に祈祷会に行きました。


ここ最近、悪天候や体調不良でなかなか行くことが出来ず、4週間ぶりに祈祷会に行くこととなりました。


昨日の祈祷会では、

聖歌584番「あたらしき地に」
聖歌529番「ゆきてつげよあまねく」
聖歌520番「ただ主を」

を歌い、私は今週の土曜日に行われるハンドベル練習や次週の礼拝のことをお祈りしました。


祈祷会後の聖書を学ぶ会では詩編96編をメインで学び、途中からイザヤ書53章も学びました。


学び会は、今回もいろんな話しも交えて和やかに行われました。
  1. 2017/07/06(木) 12:33:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

主われを愛す

昨日は特別夕礼拝で「主われを愛す」を歌いました。


この「主われを愛す」は、英語から日本語に翻訳された日本で最初の讃美歌です。


童謡の「シャボン玉」の元となった歌とされています。


この歌は、
讃美歌461番
讃美歌21-484番
新聖歌505番

歌詞が異なりますが、
聖歌655番「主がついてれば」

になっています。


昨日は歌う時、手話を交えて歌いました。


過去に何度かハンドベルの課題曲になったことがありますので、ハンドベルでも演奏したことがあります。


以前J:COMチャンネルの“横浜ミストリー”という番組で、
「日本で最初の西洋音楽」
として紹介され、横浜市にある教会の聖歌隊が翻訳された当時の昔の歌詞で歌っていました。
(でも、録画するのを忘れました…)
  1. 2017/07/03(月) 18:19:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特別夕礼拝へ




今日は久々に自分が通う教会の夕礼拝に行きました。


今回は、特別夕礼拝ということで、あけぼのコミュニティー教会主管牧師・サインズミッション代表の櫻井実牧師をお迎えして執り行われました。


今回執り行われた特別夕礼拝の内容は、

前奏

会衆讃美 「いつも喜んでいなさい」

主の祈り

聖書 「マタイによる福音書18章1~4節」

メッセージ 「ともに生きるために ~幼子のように生きる~」 櫻井実牧師

手話讃美 「コリント信徒への手紙I 13章4節より“愛”」 櫻井実牧師

会衆讃美 「主われを愛す」

献金

頌栄 讃美歌544番

祝祷

後奏

聖餐式

でした。



夕礼拝が始まる前に、会衆讃美の「主われを愛す」での手話のやり方を会衆皆で教わりました。


夕礼拝の内容は、櫻井実牧師の手話通訳も交えて行われました。


メッセージは、マタイによる福音書18章1~4節を基にして、幼子ということについて櫻井牧師自身の経験を交えてお話ししていました。


イスラエルに行った時の手話通訳で、現地の子供達に空手をやっているものと思われていたことや、宣教のことなどを手話を交えてお話ししていました。


とても充実した特別夕礼拝でした。
  1. 2017/07/02(日) 20:54:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は聖歌隊練習

今日は礼拝の後に聖歌隊の練習がありました。

先週も練習がありましたので、2週連続の聖歌隊練習となります。

今週も課題曲の
「来たれイエスを」
の練習をしました。

今回も発声練習の後に4声ごとに別れて歌う練習をしました。

それに、今回は奉唱に近い感じの歌い方で練習をしました。

8月の奉唱まで練習があと3回となりました。

残りの練習できちんと歌えるようになりたいと思います。
  1. 2017/07/02(日) 15:03:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダーの絵柄が変わりました


7月になりましたので、昨年もらった日本聖書協会のカレンダーの絵柄も変わりました。


7,8月の絵柄は、

「ルーベンスの『鍵を授かるペトロ』(マドリード プラド美術館)」

です。
  1. 2017/07/01(土) 16:58:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月の小松川教会チャペル・コンサートのお知らせ


今日から7月に入りました。


今月の22日(土)に、日本基督教団小松川教会に於きまして、

“第11回お昼のチャペル・コンサート”

が開催されます。



日時
7月22日(土) 12:15~12:45

場所
日本基督教団小松川教会礼拝堂
(東京都江戸川区北葛西 4-3-9)

入場無料・全席自由

アクセス
東京メトロ東西線「西葛西」下車徒歩約15分
都営地下鉄新宿線「船堀」下車徒歩約20分
(東西線は、各駅停車をご利用ください)

教会ホームページ
http://www.komatsugawa-church.com/


教会には駐車場のご用意がありませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。


どなた様も、是非お気軽にお越しくださいませ。
  1. 2017/07/01(土) 13:10:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0