FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

2016年最後の日

今日は、2016年最後の日となりました。


今年は私が通う教会では、4月に牧師が交代し、8月からは新しい試みとしてお昼のパイプオルガンコンサートを開始され、12月は名誉牧師が95歳で召天されました。

私が通う教会にとって、いろんなことがあった年でした。


明日は新しい年の2017年を迎えます。


2017年が、皆様にとって良き年でありますように。
スポンサーサイト



  1. 2016/12/31(土) 17:05:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい年は元旦礼拝

来る2017年1月1日、日本基督教団小松川教会におきまして、元旦礼拝が行われます。


日にち
2017年1月1日(日)

時間
11:00~

場所
日本基督教団小松川教会礼拝堂
(東京都江戸川区北葛西4-3-9)

アクセス
東京メトロ東西線「西葛西」下車徒歩約15分
都営新宿線「船堀」下車徒歩約20分
(東西線は、各駅停車をご利用ください)

教会ホームページ
http://www.komatsugawa-church.com/

教会には駐車場のご用意がございませんので、お手数をおかけしますが、公共交通機関をご利用ください。


どなた様でも、お気軽にお越しくださいませ。


新しい年の始まりを、是非教会で迎えてみてはいかがでしょうか。


皆様のお越しをお待ちしております。
  1. 2016/12/29(木) 21:52:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスから公現日へ

今年のクリスマスイヴとクリスマスは土曜日と日曜日でしたので、お休みだったという方もおられると思います。

また、親しい友人や知人と過ごしていたという方もおられるのではないでしょうか。

一般家庭などでは、12月25日を過ぎればクリスマスの飾り付けを片付けるところもあると思います。

教会の暦では、12月25日の後には1月6日が“公現日(エピファニー)”とされています。

この公現日は、東方の3人の賢者が黄金・乳香・没薬の贈り物を携えて、生まれたばかりのイエス・キリストを拝みに来たとされています。

教会では、この1月6日までクリスマスの飾り付けをしています。

(公現日は、“顕現日”と呼ぶ教派もあります)


私は教会に通う前は、クリスマスの飾り付けは12月25日を過ぎてすぐに片付けるものだと思っていましたが、教会に通うようになってから1月6日まで飾り付けをしているということを知りました。
  1. 2016/12/26(月) 18:07:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はクリスマス礼拝




今日の礼拝は、クリスマス礼拝でした。

昨日のクリスマスイヴ礼拝のような特別な形式の礼拝とは違い、普段の礼拝とほとんど同じでした。

それに、今日は2016年度最後の主日礼拝となります。


内容は、

前奏

招詞 「ヨハネによる福音書3章16節より」

讃美歌 「あめにはさかえ (讃美歌98番)」

主の祈り

交読詩編 「詩編145編」

聖書朗読 「ルカによる福音書2章8~20節より」

祈祷

日本基督教団信仰告白

オルガン演奏 N.ロースソーン「ロンドンデリーエアーによる前奏曲」

説教 「主イエスは生まれた」

讃美歌 「牧人ひつじを (讃美歌103番)」

献金

頌栄 「あまつみたみも (讃美歌544番)」

祝祷

報告

後奏

でした。


来週は新しい年を迎え、元旦礼拝が行われますので、気持ちを新たにして礼拝に備えたいと思います。
  1. 2016/12/25(日) 14:02:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は2016年度のクリスマスイヴ礼拝




今日は、私が通う教会では2016年度のクリスマスイヴ礼拝が行われました。

今年は牧師さんが交代し、新任の牧師さんとしては最初のクリスマスイヴ礼拝となります。


内容は、

ソプラノ・聖歌隊奉唱 「ひさしくまちにし (讃美歌94番)」

前奏

キャンドル点火

招きのことば 「ヨハネによる福音書1章9節より」

パイプオルガン演奏 L.ボエルマン「ゴシック組曲 op.25 より “序奏とコラール”“ゴシック風メヌエット”」

リタニー 「ルカによる福音書2章より “希望の祈り”」

会衆賛美 「あらののはてに (讃美歌106番)」

ハンドベル奉鐘 「きよしこの夜」「きたり聞けよみ告げを」

ソプラノ独唱 「うるわしの宵よ (讃美歌105番)」

聖書朗読 「ルカによる福音書2章8~14節より」

クリスマスメッセージ 「天に栄光 地に平和」

リタニー 「イザヤ書9章より “感謝の祈り”」

会衆賛美 「きよしこの夜 (讃美歌109番)」

リタニー 「アッシジの聖フランチェスコの“平和の祈り”より」

献金 (聖歌隊奉唱「きよしこの夜」)

会衆賛美 「もろびとこぞりて (讃美歌112番)」

頌栄 「あまつみたみも (讃美歌544番)」

祝祷

後奏

お知らせ

でした。


礼拝後は、「ジングルベル」をハンドベルで演奏し、訪れた方々をお見送りしました。


今回の進行(人名は敬称略)は、

司式・メッセージ:澤田直子師

パイプオルガン演奏:本田ひまわり

ソプラノ独唱:二川祥子

聖歌隊奉唱:小松川教会聖歌隊

ハンドベル奉鐘:小松川教会ハンドベルクワイア

でした。


今年も大勢の方が来会し、礼拝堂を埋め尽くしていました。


今日のクリスマスイヴ礼拝では、聖歌隊奉唱の時はあまり緊張せずに歌うことが出来ましたが、ハンドベル奉鐘の時は緊張して上手く鳴らせることが出来るかどうか不安がありましたが、ミスすることなくどの曲も無事に演奏することが出来ました。


礼拝後の「ジングルベル」のハンドベル演奏で、中盤のクレッシェンドの辺りから勢いを付け過ぎてしまった為、後半のプラックを忘れてしまいそうになりましたが、無事に出来ました。
  1. 2016/12/24(土) 21:35:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスイヴ礼拝リハーサル

今日は、明日のクリスマスイヴ礼拝に向けてのリハーサルがありました。

聖歌隊の入場や奉唱の練習、ハンドベル奉鐘の時の並び方や演奏の練習、パイプオルガンの演奏や会衆賛美の流れなど、プログラムに沿って一連の流れをやりました。

ハンドベルの練習では緊張して、鳴らし間違えそうになりましたが、何とか無事に出来ました。

明日はクリスマスイヴ礼拝の本番なので、聖歌隊でもハンドベルでも間違えることなく、来会した人達に気持ちよく素晴らしい奉仕が出来れば良いと思います。
  1. 2016/12/23(金) 17:14:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年は土日がクリスマスイヴとクリスマス

今年は、12月24日(土)がクリスマスイヴ、12月25日(日)がクリスマスです。


「教会のクリスマスに興味がある」

「教会に行ってみたいけど、何だか敷居が高そう…」

「こんな自分でも教会に行って良いのだろうか…」

などと思われている方、この機会に是非とも教会に足を運んでみてはいかがでしょうか。


(私も教会に行くきっかけとなったのは、教会のクリスマスに興味があったからです)
  1. 2016/12/19(月) 18:18:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週土曜日はクリスマスイヴ礼拝


以前にもお伝え致しましたが、改めてお伝え致します。


いよいよ今週の土曜日に、日本基督教団小松川教会においてクリスマスイヴ礼拝が行われます。

日にち
12月24日(土)

開場時間
18:30

礼拝時間
19:00~20:00

入場無料
(席上自由献金あり)

場所
日本基督教団小松川教会礼拝堂
(東京都江戸川区北葛西4-3-9)

内容
聖歌隊奉唱
ハンドベル奉鐘
ソプラノ独唱
パイプオルガン演奏
など

アクセス
東京メトロ東西線「西葛西」下車徒歩約15分
都営新宿線「船堀」下車徒歩約20分
(東西線は、各駅停車をご利用ください)

教会ホームページ
http://www.komatsugawa-church.com/

教会には駐車場のご用意がございませんので、お手数をおかけしますが、公共交通機関をご利用ください。


どなた様でも、お気軽にお越しください。


クリスマスイヴの夜を、是非とも教会で迎えてみてはいかがでしょうか。


皆様のお越しをお待ちしております。
  1. 2016/12/19(月) 17:07:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

礼拝後、クリスマス愛餐会

今日は礼拝の後に、クリスマス愛餐会が行われました。

礼拝に来ていた人皆が集い、食事を食べたりして交流を深めたりしました。

まず今年に転入会をしてきた人の紹介があり、その後にご婦人達が手話をしながらクリスマスソングを歌ったり、私を含めた男性達が「わがこころはあまつかみを (讃美歌95番)」を歌い、まだ若い中高生達も歌を歌ったり朗読劇をしていました。

朝早くから準備をしたり、終わったら片付けをしたり大変でしたが、明るく笑顔が絶えない、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
  1. 2016/12/18(日) 19:43:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小岩栄光キリスト教会“2016愛のクリスマスコンサート”へ




今日の午後は、小岩にある小岩栄光キリスト教会での“2016愛のクリスマスコンサート”に行きました。

小岩栄光キリスト教会の聖歌隊・ゴスペルチーム・フラダンスチームや、メインゲストに福音歌手の森祐理さんを迎えてのコンサートでした。


内容は、

前半

聖歌隊
リトルロックゴスペル
グロー・トゥギャザー・クワイヤー
ろう者とユースによる手話フラダンス

休憩を挟み後半

メインゲスト 森祐理さん
お勧めとお祈り
インフォメーション
会衆賛美 「きよしこの夜 (讃美歌109番)」

でした。


曲目は、

聖歌隊
「ノエルノエル」
「みつかいのたたえ歌う」
「いざ歌え」

ろう者とユースによる手話フラダンス
「詩編121番」
「聖霊来たれり」

メインゲスト 森祐理さん
「赤鼻のトナカイ」
「思い出のアルバム」
「クリスマスおめでとう」
「この日は主がつくられた」
「クリスマスのおはなし」
「もろびとこぞりて」
「ホワイトクリスマス」
「幸せ運べるように」
「君は愛されるため生まれた」
「十字架より叫び聞こゆ」
「主は今生きておられる」

でした。

(各曲目は、自分がわかる範囲内で書きました)


今回の進行(敬称略)は、
司会:中村さおり
お勧めとお祈り:安間正道師(小岩栄光キリスト教会牧師)
でした。


今回のメインゲストの森祐理さんの歌は、以前お茶の水クリスチャンセンターで行われたイベントで聴いたことがありますが、今回もとても素晴らしい歌声でした。

それに、お証しでネパールへ訪問したり、阪神淡路大震災で弟さんが犠牲になったことやお父様が病で天に召されたことのお話しを聞いた時は、涙が出る程感動しました。

また機会があれば、森祐理さんの歌声を生で聴いてみたいと思います。

コンサート開始前に入口でもらった「こころの傷を通して」に書いてある、
“悲しみは悲しみだけで終わらず、もっと大きな希望の扉につながると思います。”
という文章に心惹かれました。
  1. 2016/12/17(土) 21:03:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の小松川教会パイプオルガンコンサート




今月も、小松川教会にてパイプオルガンコンサートが開催されました。

曲目は、
N.ロースソーン
「『ロンドンデリーエアー』による前奏曲」
J.S.バッハ
「パストラーレ ヘ長調 BWV590」
G.F.ヘンデル
「彼はその群れを養い給う」
J.シルトクネヒト
「いざ歌え、いざ祝え変奏曲」
でした。

今回の演奏者(敬称略)は、
中村岩城
でした。


(写真に写っている今回のプログラムでは第3回になっていますが、第4回の誤りです)
  1. 2016/12/17(土) 19:12:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖イグナチオ教会“オルガンと祈り”へ


今日は、聖イグナチオ教会の“オルガンと祈り 待つ楽しみ迎える喜び”に行きました。


オルガン演奏や聖歌奉唱、聖書朗読やお祈りがありました。


オルガン演奏(人名は敬称略)は、

J.ドゥミシュー
「天よ露をしたたらせ」
演奏者:霜坂秀一

C.サン=サーンス
「アヴェマリア」
演奏者:佐野智美、大森幹子、佐々木聖子

J.ラングレ
「アヴェマリア、アヴェ・マリス・ステッラ」
演奏者:佐野智美

S.カルク=エラート
「シャコンヌとヴァリエーション」
演奏者:浅井寛子

R.ブラチェスコ
「祈り」
演奏者:佐々木聖子

A.ハイラー
「エサイの根より」
演奏者:浅井寛子

S.シャイト
「第8旋法のマニフィカト」
演奏者:挧野裕子
グレゴリオ聖歌:聖歌隊

でした。


聖歌は、

「グレゴリオ聖歌・天よ露をしたたらせ (聖歌隊)」

「ひさしくまちにし」

「しずけき」

「エサイの根より」

でした。


聖書朗読は、

ルカによる福音書1章27~46節

イザヤ書9章1~2節

イザヤ書9章5節

でした。


お祈りは、

アヴェ・マリアの祈り

共同祈願

祝福

がありました。


今回の進行(人名は敬称略)は、
オルガン演奏:浅井裕子、佐々木聖子、佐野智美、霜坂秀一、挧野裕子
聖歌隊:Angelica
司祭:田丸篤神父
でした。


クリスマス時期ということもあり、教会の中や外、行き帰りの駅や電車内はたくさんの人がいました。


次回のオルガンと祈りは、
2017年2月17日(金)
19時
の予定です。
  1. 2016/12/16(金) 22:43:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祈祷会での讃美歌の話し

昨日の夜は教会の祈祷会に行きました。

祈祷会が行われている中で、「神の御子は今宵しも (讃美歌111番)」を歌いました。

この歌は、「主のとうときみことばは (讃美歌284番)」と同じメロディという話しになりました。

牧師さんが、「讃美歌には同じメロディでも歌詞が違う歌がいくつもあり、讃美歌の本のINDEX OF TUNESのページを見れば載っていますよ」と話してくれました。

改めて讃美歌(1954年版 讃美歌・讃美歌第二編)の本のINDEX OF TUNESのページを読みました。

同じ曲名でも、番号が複数ある曲がいくつかありました。

この曲名索引(INDEX OF TUNES)のページは、各楽譜の右上に大文字のアルファベットで書かれている曲名がA~Zの順番で書かれており、どの曲が何番なのか解るようになっています。

讃美歌の本を読む時は、楽譜が書いてあるページをよく見ているので曲名索引のページは見ることはありませんでしたが、手が空いている時はもっと他のページも読んでみたいと思います。
  1. 2016/12/15(木) 20:57:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の浅草橋教会フレッシュタイムコンサート


今月も、浅草橋教会のフレッシュタイムコンサートに行きました。

曲目は、
「ひさしく待ちにし」
「You raise me up」
「インマヌエル麗しい聖名」
「さやかに星はきらめき」
「主は知っておられる」
でした。

今回は、アドベント~クリスマスをテーマにした曲でした。

「ひさしく待ちにし」は、私が今度クリスマスイヴ礼拝で歌う、讃美歌94番とはまた違う感じの曲でした。

それに、
「インマヌエル麗しい聖名」
「さやかに星はきらめき」
の2曲は、私も以前聖歌隊の奉唱で歌ったことがあります。

今回は、パイプオルガンとピアノの演奏、ソプラノの独唱で、演奏者と独唱(敬称略)は、
パイプオルガン・ピアノ:田畠照子
ソプラノ独唱:朴ヨンエ
でした。


来年のフレッシュタイムコンサートは1月がお休みで、次回は2月となります。
  1. 2016/12/13(火) 17:27:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ今週の土曜日にパイプオルガンコンサート開催


今月の初め頃にもお伝えしましたが、改めてお伝え致します。


いよいよ今週の土曜日に、日本基督教団小松川教会において第4回目のお昼のパイプオルガンコンサートが開催されます。

日にち
12月17日(土)

時間
12:15~12:45

場所
日本基督教団小松川教会礼拝堂
(東京都江戸川区北葛西4-3-9)

入場無料

アクセス
東京メトロ東西線「西葛西」下車徒歩約15分
都営新宿線「船堀」下車徒歩約20分
(東西線は、各駅停車をご利用下さい)

教会ホームページ
http://www.komatsugawa-church.com/

教会には駐車場のご用意がありませんので、お手数をおかけしますが、公共交通機関をご利用下さい。


どなた様でも、お気軽にお越し下さい。


年末のお忙しい時期ではございますが、お昼のひとときを是非パイプオルガンの音楽でお過ごし下さいませ。


皆様のお越しをお待ちしております。
  1. 2016/12/12(月) 17:36:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の礼拝後は聖歌隊練習

今日の礼拝後は、クリスマスイヴ礼拝に向けての聖歌隊練習がありました。

礼拝後に行われる今年のクリスマスイヴ礼拝に向けての聖歌隊練習は、今日で最後となります。

まず初めに3階のパイプオルガンがある場所で、当日に座る位置の確認や奉仕曲の「きよしこの夜 (讃美歌109番)」の練習をしました。

その後は、2階に降りて礼拝堂の入り方や正面に立つ位置の確認をして、こちらで歌う奉仕曲の「ひさしくまちにし (讃美歌94番)」の練習をしました。

「ひさしくまちにし」は、パイプオルガンやピアノの演奏が無く、アカペラで尚且つ暗譜で歌うので、自分達の声だけでどれだけ相手に気持ち良く歌えるかに懸かっています。


次回の練習は、23日の前日リハーサルになるので、何とか無事に上手く歌うことが出来れば良いと思います。
  1. 2016/12/11(日) 14:23:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はハンドベル練習、その後入居施設のクリスマス礼拝へ


今日の午前中は、ハンドベル練習がありました。

まず、クリスマスイヴ礼拝に演奏する、
「きたり聞けよ、み告げを」
「ジングルベル (ハンドベル用)」
の2曲の練習をしました。
何回か楽譜を見落としたり鳴らし間違えそうになりましたが、何とか無事に出来ました。

クリスマスイヴに向けてのハンドベルでの練習後は、午後から教会の近くにある高齢者の入居施設へのクリスマス礼拝でトーンチャイムの演奏をするので、その練習をしました。

「きよしこの夜」
「ジングルベル (トーンチャイム用)」
の練習をしました。

「ジングルベル」では鳴らし間違えた箇所がいくつかあったので、本番には間違わないように気を付けました。


教会での練習後は、午後から行われる高齢者の入居施設でのクリスマス礼拝に向かいました。


到着し、楽譜やトーンチャイムをセッティングをしていると、入居者の方達が次々と席に着いていました。

セッティングを終え、クリスマス礼拝が始まりました。

クリスマス礼拝の内容は、
前奏
キャンドル点火
讃美歌 「きよしこの夜 (讃美歌109番)」
主の祈り
トーンチャイム演奏 「きよしこの夜」「ジングルベル」
祈祷
聖書朗読 「マタイによる福音書2章11~12節より」
メッセージ 「喜びにあふれた」
祈祷
讃美歌 「もろびとこぞりて (讃美歌112番)」
日本の歌より 「ふるさと」
キャンドル消火
祝祷
後奏
でした。

トーンチャイムの演奏中、音楽と一緒に歌っている入居者の方が何人かいたので、演奏して良かったと思いました。


礼拝後は、別室でお茶菓子が振る舞われました。


次の演奏はクリスマスイヴ礼拝なので、気持ちを新たに演奏をしたいと思います。
  1. 2016/12/10(土) 20:10:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の富士見町教会にて


昨日富士見町教会に行った時、教会内の通路にある掲示板に私が通う教会(小松川教会)のパイプオルガンコンサートのチラシが貼ってありました。

クリスマス礼拝の後、小松川教会のパイプオルガンコンサートのチラシを見ている男性がいたので声を掛けたら興味を持ったらしく、今年(もう12月しかありませんが…)は行くことが出来ないけど、来年はパイプオルガンコンサートがあれば行ってみたいとのことでした。

その様子を見ていた富士見町教会の教会員の方が、チラシをコピーしてその男性に渡していました。

実際に11月のコンサートでは、川越に在住の方が富士見町教会にあった小松川教会パイプオルガンコンサートのチラシを見て来ていました。

宣伝効果があって何だか嬉しいです。

来年のパイプオルガンコンサートのチラシが出来たら、また持っていきたいと思います。


(尚、写真のチラシは、私の自宅で撮ったものです)
  1. 2016/12/09(金) 19:06:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本聖書協会主催・聖書協会クリスマス礼拝へ




今日は、富士見町教会での“日本聖書協会主催・聖書協会クリスマス礼拝”に行きました。


平日の午後に行われましたが、礼拝が始まる頃には大勢の人が来会しておりました。


内容は、
前奏
会衆賛美 「朝日は昇りて (讃美歌21-268番)」
聖書朗読 「マタイによる福音書2章1~12節より」
祈祷
特別賛美
クリスマスメッセージ 「喜びの星が輝く」
会衆賛美 「いそぎ来たれ、主にある民 (讃美歌21-259番)」
祝祷
聖書事業功労者表彰
後奏
でした。

特別賛美の曲目と独唱(敬称略)は、
「O Holy Night」
「アヴェ・マリア (カッチーニ)」
独唱:ありめせつこ
でした。

聖書事業功労者表彰の内容(肩書き・敬称略)は、
司会:柳澤真
表彰:谷利仁志
挨拶:渡部信
でした。

今回のクリスマス礼拝の進行(肩書き・敬称略)は、
司式:渡部信
オルガン演奏:千葉仁
聖書朗読:奥山盾夫
祈祷:本間義信
クリスマスメッセージ、祝祷:大宮溥
でした。


礼拝中で歌いました讃美歌21-259番の「いそぎ来たれ、主にある民」は、讃美歌111番の「神の御子は今宵しも」と歌詞が異なりますが、同じメロディーでした。


今年も素敵なカレンダーを頂きましたので、是非来年に使いたいと思います。
  1. 2016/12/08(木) 20:37:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ああベツレヘムよ

昨日は、私が通う教会では祈祷会があり、参加しました。

祈祷会の中で「ああベツレヘムよ (讃美歌115番)」を歌いました。


新約聖書のルカによる福音書2章15節を基にしており、この歌もイエス・キリストの生誕を讃える歌で、クリスマス時期に歌われます。


私が教会のハンドベルクワイアに入った頃に練習した曲が、この讃美歌です。
(でも練習に参加しただけで、私は本番では演奏しませんでしたが…)
  1. 2016/12/08(木) 19:07:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いざうたえ

昨日の礼拝では、「いざうたえ (讃美歌108番)」を歌いました。

この歌は、新約聖書のルカによる福音書2章10節を基にしており、神の御子であるイエス・キリストの誕生を誉め讃える歌で、クリスマスの時期に歌われることがあります。


カトリック教会では、「きよけし (カトリック聖歌301番)」という歌で、マリア様に捧げる歌になっています。
  1. 2016/12/05(月) 20:19:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス・夕礼拝へ



今日の夜は、私が通う教会の“クリスマス・夕礼拝”に行きました。

前回夕礼拝に行ったのは大分前なので、久々に夕礼拝に行くことになります。


内容は、
前奏
会衆賛美 「きよしこの夜 (讃美歌109番)」
お祈り
主の祈り
オルガン演奏
聖書朗読 「ルカによる福音書1章46~50節より」
ソプラノ独唱 J.ラター「世界は宝物」
メッセージ 「わたしの心は」
会衆賛美 「すばらしいホーリーナイト」
ソプラノ独唱 「わたしの心は」
オルガン演奏
会衆賛美 「荒野の果てに (讃美歌106番)」
献金
頌栄 541番
祝祷
後奏
聖餐式
でした。


この礼拝でのオルガン演奏の曲目は、
J.S.バッハ
「いざ来ませ、異邦人の救い主よ BWV659」
L.ボエルマン
「ゴシック組曲 op.25 より」
“序奏とコラール”
“ゴシック風メヌエット”
でした。

今回のオルガン演奏者とソプラノ独唱(共に敬称略)は、
オルガン演奏者:本田ひまわり
ソプラノ独唱:二川祥子
でした。
  1. 2016/12/04(日) 20:45:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アドベント第2主日、聖歌隊本番

今日の礼拝(アドベント第2主日)は、聖歌隊奉唱の本番でした。

課題曲の
「まぶねのかたえに (讃美歌107番)」
は、特に緊張することなく無事に歌うことが出来ました。

4声(女性:ソプラノ・アルト、男性:テノール・バス)に分かれて歌う部分で私が歌うパート(バス)は、声を上げたり下げたりしますので、初めてのうちは本番では上手く歌えるかどうかと思っていましたが、練習を重ねていましたので、本番で間違えることなく歌うことが出来ました。


この曲はJ.S.バッハが作曲したということですので、荘厳な曲という感じがしました。


礼拝後は、クリスマスイヴ礼拝に向けての聖歌隊練習がありました。


クリスマスイヴ礼拝では、
「きよしこの夜 (讃美歌109番)」
「ひさしくまちにし (讃美歌94番)」
の2曲を歌います。

「きよしこの夜」は、私が歌うパートは結構低い声で歌うので、若干難しい点がありますが、本番までには克服し、無事に歌うことが出来れば良いです。

「ひさしくまちにし」は、1節がソプラノの独唱で、2節が聖歌隊全員で、伴奏無しのアカペラで歌います。

この曲は暗譜が必須なので、可能な限り暗譜を頑張りたいです。

2曲の練習後は、イヴ礼拝当日の並び方や退場方法を少し練習しました。


イヴ礼拝の奉唱本番に向けて練習を頑張りたいと思います。
  1. 2016/12/04(日) 19:48:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦和福音自由教会“クリスマスの夕べ”へ




今日の午後は、埼玉県さいたま市浦和にある浦和福音自由教会での“クリスマスの夕べ”に行きました。

初めて行く教会ですが、それに教会の中がとても広く、礼拝堂も広かったです。

この“クリスマスの夕べ”が始まる頃には大勢の人が訪れ、会衆席が満席になりました。


内容は、
聖歌隊の歌に合わせて点火
開会挨拶
お祈り
オルガン演奏 (前半)
聖書朗読 「ルカの福音書2章8~20節より」
クリスマス・メッセージ 「天に栄光、地に平和」
オルガン演奏 (後半)
会衆賛美 「きよしこの夜 (讃美歌109番)」
祝福のお祈り
閉会の挨拶
でした。


オルガン演奏曲の

前半は、
J.S.バッハ
「いざ来ませ、異邦人の救い主よ BWV659」
「主よ人の望みの喜びよ」
「罪なき神の子羊よ BWV618」

後半は、
J.S.バッハ
「幻想曲とフーガ ト短調 BWV542」
「G線上のアリア」
「この日こそ喜びあふれ BWV605」
J.ブラームス
「11のコラールより Op.122 『ばらは咲き出でたり』」
F.メンデルスゾーン
「ソナタ 第2番」
でした。


今回の進行(人名は敬称略)は、
点火、開会挨拶、お祈り、閉会挨拶:司会者
オルガン演奏(前半・後半共):米山浩子
クリスマス・メッセージ、祝福のお祈り:坂野慧吉牧師
でした。


今回オルガン演奏を担当した米山浩子さんは鳥居坂教会のオルガニストを勤めていることもあり、毎月開催される鳥居坂教会のパイプオルガンコンサートでよく聴きますが、こちらの教会でも素晴らしい演奏を聴くことが出来ました。
  1. 2016/12/03(土) 22:54:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はハンドベル練習

今日の午前中は、ハンドベルの練習がありました。

前半は
「きたり聞けよ、み告げを」
「ジングルベル」
の2曲の練習をしました。

「きたり聞けよ、み告げを」は何とか出来ましたが、「ジングルベル」の方はリングの後のプラックが上手く出来なかったり、マルテラートの鳴らし方やタイミングが合わなかったりしました。

前回練習した時はきちんと出来たのですが、今回は上手く出来なかったです。

何度か練習をして出来るようになりました。

次回の練習では今日教わったことを活かして演奏の練習したいです。


後半は、来週の午後から高齢者の入居施設でのクリスマス礼拝があり、トーンチャイムを使って演奏をするので、その練習をしました。

そこで演奏する
「きよしこの夜」
「ジングルベル (ハンドベルとは別バージョン)」
の練習をしました。

トーンチャイムはハンドベルとは鳴らし方が多少異なるので、先日の礼拝でも演奏しましたが、次回もきちんと鳴らすことが出来ればと思います。

それに、今回は演奏だけでなく、並び方の練習も少しやりました。


来週の午後に入居施設で行われるクリスマス礼拝では、素晴らしい曲を聴いてもらえるように上手く演奏出来れば良いと思います。
  1. 2016/12/03(土) 21:48:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の鳥居坂教会パイプオルガンコンサート



今月も、六本木にある鳥居坂教会のパイプオルガンコンサートに行きました。

曲目は、
J.S.バッハ
「幻想曲とフーガより 幻想曲 BWV542」
L.ボエルマン
「神秘の時(礼拝)より」
『5曲のエレベーションより』
“Lento 変ホ長調”
“Andante ma non troppo ト長調”
“Lento ハ長調”
“Lento ヘ長調”
“Adagio 変イ長調”
『5曲のCOMMUNIONSより』
“Andantino 変ホ長調”
“Andantino con moto ロ長調”
『5曲のSORTIESより』
“Tempo di marcia ヘ長調”
でした。

今回の演奏者(敬称略)は、
米山浩子
でした。
  1. 2016/12/02(金) 16:53:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小松川教会パイプオルガンコンサート12月の開催予定


日本基督教団小松川教会お昼のパイプオルガンコンサート12月の開催予定


日にち
12月17日(土)

時間
12:15~12:45

場所
日本基督教団小松川教会礼拝堂
(東京都江戸川区北葛西4-3-9)

入場無料

アクセス
東京メトロ東西線「西葛西」下車徒歩約15分
都営新宿線「船堀」下車徒歩約20分
(東西線は、各駅停車をご利用下さい)

教会ホームページ
http://www.komatsugawa-church.com/


教会には駐車場のご用意がありませんので、公共交通機関をご利用下さい。


どなた様でもお気軽にお越し下さい。


皆様のお越しをお待ちしております。
  1. 2016/12/01(木) 18:24:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

われらはきたりぬ

昨日の夜は、私が通う教会の祈祷会に行きました。

祈祷会が始まる時に、「われらはきたりぬ」を歌いました。

この歌は、東方の3人の賢者が黄金・乳香・没薬を携えて、キリストの誕生を拝みに行くという内容(新約聖書のマタイによる福音書2章9~11節)の歌で、主にクリスマスの時期に歌われ、讃美歌第2編52番になっています。


私は過去にクリスマスの礼拝で、何度かこの曲をハンドベルで演奏したことがあります。

多少難しかったので、何度も練習していました。


昨日は祈祷会に参加している人達で歌ったので緊張することはありませんでしたが、ハンドベルで演奏した時は1人1人違う音なので、結構緊張しました。


以前、某ハンドベルグループのコンサートに行き演奏を聴いた時は、とても素晴らしい演奏だと感じました。
  1. 2016/12/01(木) 17:04:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0