FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

今日から新しい祈祷会

今日から新任牧師の澤田牧師夫妻による祈祷会が始まりました。

前任の佐々木牧師の頃は祈りが中心でしたが、今回から始まった澤田牧師は初めに聖書の御言葉の勉強があり、その後お祈りがあるという感じでした。

これまでとはまた違った感じの祈祷会でしたが、新たな一歩となれば良いですね。
スポンサーサイト



  1. 2016/03/30(水) 22:13:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐々木良子牧師ドイツへ



今日の午前11時成田空港発ANA(NH209便)で、佐々木良子牧師がドイツに向かいました。

私が通う教会の信徒達とは、成田空港で待ち合わせをし、その中に次の牧師となる澤田牧師夫妻もいました。

搭乗手続き開始時刻まで時間があった為、それまで空港の中でコーヒーを飲んだり歓談をしたりしました。

搭乗手続き開始時刻になり、手続きを済ませ、手を降りながらエスカレーターを降りていく姿を見ると、本当に行ってしまうんだなと感じました。

日本基督教団小松川教会で13年間奉仕して頂きました。

これからは、ドイツで宣教師として活躍することを願っています。

佐々木牧師ならきっと上手くやっていけると思います。
  1. 2016/03/29(火) 12:44:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

J.S.バッハオルガン作品全曲演奏二巡目シリーズVol.3へ




今日の夜は、武蔵野市文化会館での“森武靖子 J.S.バッハ オルガン作品 全曲演奏二巡目シリーズ Vol.3”に行きました。

このコンサートは、私が通う教会の牧師さんから招待券を頂いたので行くことが出来ました。

曲目は、

前半

「幻想曲 ハ短調 BWV562」
「我らキリストの徒 BWV1090」
「災い汝にふりかかりし時 BWV1104」
「おお汚れなき神の小羊 BWV1095」
「ああ主よ、あわれなる罪人のわれを BWV742」
「キリストは死の縄目につながれたり BWV695」
「主よ、我らを御言葉の傍に保ちたまえ BWV1103」
「イエス、わが信頼 BWV728」
「神よ、汝の慈しみによりて我を扱いたまえ BWV957」
「いまぞ喜べ愛するキリスト者の仲間たち/まさしくその時神の御子は来られる BWV734」
「前奏曲(トッカータ)とフーガ ニ短調『ドリア調』 BWV538」

休憩を挟んで後半

「前奏曲とフーガ イ短調 BWV543」
「目覚めよ、と呼ぶ声あり BWV645」
「われいずこに逃れ行かん/わが愛する神に BWV646」
「ただ尊き御神のままに BWV647」
「わが魂は主をあがめ BWV648」
「われらとともに留まりたまえ、主イエス・キリストよ BWV649」
「イエスよ、汝いまぞ天より下りたまい BWV650」
「前奏曲とフーガ ロ短調 BWV544」

でした。

J.S.バッハの曲をたくさん聴くことが出来て良かったです。

招待券をもらえて感謝です。

今回の演奏者の森武靖子さんは、SDA教団の東京中央教会とSDA教団草苅オルガンのオルガニストです。
  1. 2016/03/27(日) 23:48:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐々木良子牧師最後の礼拝



今日の礼拝は、佐々木良子主任牧師の最後の礼拝でした。

日本基督教団小松川教会に赴任して13年間、その内6年間を主任牧師として勤めていました。

最後の説教題は、
「復活 苦しみの実り」
(イザヤ書53章7~12節より)
でした。

聖歌隊の奉唱もあり、課題曲の「主は今生きておられる」を歌いました。
緊張することなく無事に歌うことが出来ました。

それに、今日は洗礼式と転入会式がありました。
讃美歌199番を歌いながら洗礼式を見ていると、自分が洗礼を受けた日のことを思い浮かべます。

私は佐々木牧師が主任牧師になって、最初の洗礼者となりました。

洗礼前の勉強会では、毎週水曜日の夜にマンツーマンでキリスト教のことを学びました。

6年前佐々木牧師も私も洗礼は初めてのことなので、緊張したりしましたが、何とか無事に洗礼を受けることが出来ました。

その後も洗礼者や転入会者が何人も現れて、数多くの人をこの教会に導いたことだろうと思います。

以前、キリスト教ラジオ局FEBCの番組に出演した時も聴きました。

昨年、牧師を辞任することを聞いた時は、突然なぜ辞任するのだろうかと思いました。

ドイツへ宣教師として歩むとして牧師を辞任するとのことですが、佐々木牧師なら無事に宣教師をやっていけると思っています。

近い日にドイツへ渡航するらしいです。

日本基督教団小松川教会一筋13年間という長い間お疲れ様でした。

洗礼者第1号となることが出来て光栄です。
  1. 2016/03/27(日) 13:41:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教会ハンドベル音楽祭2016へ




今日は、相模原教会での教会ハンドベル音楽祭2016に行きました。

内容は、開会礼拝が先に行われ、その後ハンドベル音楽祭が行われる形式でした。

開会礼拝は、
前奏
讃美歌 13番
開会祈祷
聖書朗読 コリントの信徒への手紙 I 12章14~20節
説教 「一つの体」辻川篤牧師
讃美歌 303番
主の祈り
祝祷
後奏
でした。

開会礼拝の進行(敬称略)は、
司会:戸塚智之
奏楽:橋口佳子
でした。


ハンドベル音楽祭の出場教会と曲目は、(人名は敬称略)

第1部

日本福音ルーテル東京教会ハンドベルクワイア 指揮:高橋明子、関野亜沙美
「ちいさなかごに」
「Matins (朝の祈り)」

カンバーランド長老キリスト教会希望が丘教会ハンドベルクワイア 指揮:白井ひろみ
「Seek Ye First (神の国と神の義を)」
「Everlasting God (永遠の神)」

日本基督教団田園調布教会ハンドベルクワイア 指揮:河野和雄
「Clare Benediction」
「教会ソナタ ハ長調」

国際基督教大学ジョイフルリンガーズ 指揮:徳善義昌
「あなたも見ていたのか 讃美歌2編177番」
「力に満ちたる 讃美歌21-357番」

休憩を挟んで第2部

日本聖公会川崎聖パウロ教会セシリアハンドベルクワイア 指揮:佐藤数穂
「Crown Him with Many Crowns (子羊をばほめたたえよ)」
「Intermezzo (間奏曲)」

日本基督教団代田教会ハンドベルクワイヤ 指揮:我孫子治
「God Be With You」
「うるわしの白百合 讃美歌498番」

日本基督教団弓町本郷教会ハンドベルクワイヤ 指揮:花田順子
「めぐみ深き 讃美歌525番」
「主の食卓を囲み 讃美歌21-81番」

日本同盟基督教団茅ヶ崎同盟教会イングリッシュハンドベルクワイア 指揮:佐山薫子
「Santo Santo Santo」
「Soon and Very Soon」

日本ナザレン教団藤沢ナザレン教会ソフィアハンドベルクワイア 指揮:江頭せつ子
「Were You There (きみもそこにいたのか)」
「O Worship the King (天地の主をほめよ)」

でした。

1つの教会につき2曲の演奏がありました。


いつかは私が通う教会も出場出来ればと思っています。
  1. 2016/03/21(月) 18:57:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の神田キリスト教会パイプオルガンコンサート


今月も、秋葉原にある神田キリスト教会のパイプオルガンコンサートに行きました。

曲目は、
J.S.バッハ
「『フーガの技法』より BWV1080」
“コントラプンクトゥス 第1番 (4声のフーガ)”
“コントラプンクトゥス 第11番 (3重フーガ)”
“コントラプンクトゥス 第14番 (未完のフーガ)”
「前奏曲とフーガ ヘ短調 BWV534」
でした。

今回の演奏者(敬称略)は、
和田純子
でした。
  1. 2016/03/16(水) 16:34:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下谷教会パイプオルガンコンサートへ




今日は、下谷教会でのパイプオルガンコンサートに行きました。

曲目は、

前半

D.ブクステフーデ
「第一旋法のマニフィカート BuxWV203」

J.P.スウェーリンク
「モーレ・パラティーノ」

H.シャイデマン
「主よ、我汝に望めり」

G.ベーム
「コラール・パルティータ『主イエス・キリストよ、我らを顧みたまえ』」

休憩を挟んで後半

N.ブルーンス
「前奏曲 ト長調」

D.ブクステフーデ
「シャコンヌ ホ短調 BuxWV160」

J.S.バッハ
「我が心の切なる願い BWV727」
「前奏曲とフーガ ホ長調 BWV566」

アンコール

F.トゥンダー
「カンツォーナ ト長調」

J.S.バッハ
「最愛のイエス、われらここに集いて BWV731」

でした。

今回の演奏者(敬称略)は、
山田由希子
でした。

この教会のパイプオルガンは、鳥の鳴き声のような音や鈴の音を出すことが出来ます。
  1. 2016/03/12(土) 18:18:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕礼拝&パイプオルガンミニコンサートへ


今日の夕方は、夕礼拝&ミニコンサートに行きました。

私が通う教会は、毎月第1日曜日は夜6時から夕礼拝が行われます。
それに今回はパイプオルガンによるミニコンサートも同時に行われました。

内容は、

前奏

賛美
「神の国と神の義」
「アメイジンググレイス」

主の祈り

オルガン演奏
J.S.バッハ
「トリオソナタ第三番 BWV572より 『第一楽章』」
「おお人よ、汝の罪の大いなるを嘆け BWV622」

メッセージ
「一人の罪によって」
(ローマ信徒への手紙5章12節,19節より)

オルガン演奏
J.S.バッハ
「トリオソナタ第三番 BWV527より 『第三楽章』」

献金

頌栄 544番

祝祷

聖餐式

でした。

今回の進行は、
メッセージ・司会:佐々木良子牧師
オルガン演奏:本田ひまわり
でした。

尚、今回の夕礼拝で佐々木良子牧師最後の夕礼拝となります。
  1. 2016/03/06(日) 20:55:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はハンドベル練習

今日は、ハンドベル練習がありました。

普段は第2と第4土曜日に練習が行われますが、今月(3月)は他の行事と重なってしまう為に第1と第3土曜日となります。

今日の練習では、何度か楽譜を見落としそうになりましたが、何とか無事に出来ました。
  1. 2016/03/05(土) 13:52:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京藝術大学オルガン科コンサート2016第二夜へ



今日の夜は、先週に引き続き霊南坂教会での東京藝術大学オルガン科コンサート2016に行きました。

今日は、その第二夜です。

今回は、
1年生が1人
2年生が1人
3年生が1人
4年生が2人
でした。

曲目と演奏者(人名は敬称略)は、

前半

J.S.バッハ
「前奏曲とフーガ ロ短調 BWV544」
演奏者:東方理紗 (1年)

F.リスト
「B-A-C-Hの主題による前奏曲とフーガ」
演奏者:安井歩 (2年)

J.アラン
「3つの踊り」
演奏者:田宮亮 (4年)

休憩を挟んで後半

M.レーガー
「B-A-C-Hの主題による幻想曲とフーガ Op.46」
演奏者:内田光音 (3年)

J.ギュー
「トッカータ」
M.デュリュフレ
「組曲 作品5」
演奏者:石川優歌 (4年)

でした。

最後の2曲は同じ人の演奏でした。
  1. 2016/03/04(金) 22:50:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の鳥居坂教会パイプオルガンコンサート



今月も、六本木にある鳥居坂教会のパイプオルガンコンサートに行きました。

曲目は、
J.S.バッハ
「ファンタジーとフーガ ハ短調 BWV537」
「コラール 『われらの主キリスト ヨルダンの川に来たれり』 BWV684」
「G線上のアリア」
「フーガ ト短調 BMV578」
「前奏曲とフーガ BWV545」
でした。

今回はJ.S.バッハの曲が中心の演奏でした。

今回の演奏者(敬称略)は、
米山浩子
でした。
  1. 2016/03/04(金) 15:13:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0