FC2ブログ

GLORYCROSS†Christian日記

クリスチャン・教会日記

今日はハンドベル研修会

今日は、ハンドベル研修会がありました。

今回は外部から講師を招き、きめ細かな指導を受けることが出来ました。

研修は、課題曲2曲「よろこびの歌(第九)」と「主は今生きておられる」を基に、ベルの持ち方や鳴らし方を教わりました。

鳴らし方は普段行なっている鳴らし方(リング)の他に、マレットを使ったりプラックやマルテラートやマルテラートリフトでの鳴らし方を教わりました。

リングやプラックやマルテラートは本番の演奏でやったことがありますが、マレットを使ったりマルテラートリフトの鳴らし方は初めてやりました。

他の人は小さなベルを片手で2本持つやり方を教わっていましたが、私は大きなベルを使う為、これは出来ませんでした。

今日教わったことが、これからの演奏に役立たせることが出来れば良いと思います。
スポンサーサイト



  1. 2015/03/28(土) 17:06:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀座教会オルガンメディテーションへ



今日は、銀座教会のオルガンメディテーションに行きました。

内容は、
前奏
讃美歌333番
主の祈り
聖書朗読(テサロニケ信徒への手紙II 1章1~12節)
祈祷
オルガン演奏
祝祷
後奏
でした。

オルガン演奏の曲目は、
J.ドッペルバウワー
「血しおしたたる主のみかしら」
A.フレッチャー
「あなたも見ていたのか」
P.ヴレトブラッド
「聖金曜日」
C.スタンフォード
「レクイエム」
でした。

今回の進行(敬称略)は、
司式:伊藤大輔副牧師
演奏:細井和子
でした。
  1. 2015/03/25(水) 17:10:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の神田キリスト教会パイプオルガンコンサート


今月も、秋葉原にある神田キリスト教会のパイプオルガンコンサートに行きました。

先月は体調を崩して行けなかった為、2ヶ月ぶりに行くこととなりました。

曲目は、
J.S.バッハ
「『フーガの技法』 BWV1080より」
“コントラプンクトゥス 第1番”
“コントラプンクトゥス 第4番”
“コントラプンクトゥス 第7番”
“コントラプンクトゥス 第8番”
「前奏曲とフーガ イ短調 BWV543」
でした。

今回の演奏者(敬称略)は、
和田純子
でした。
  1. 2015/03/18(水) 17:44:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖イグナチオ教会“オルガンと祈り”へ


今日は、聖イグナチオ教会の“オルガンと祈り”に行きました。

今回は長崎の信徒発見150年記念がテーマでした。

今回も祈り・聖書朗読・黙想・聖歌奉唱・オルガン演奏がありました。

聖歌は、
作詞:上村久雄 作曲:伏木幹育
「殉教の血潮に」
作詞:久松浅右エ門 作曲:土屋ハツエ
「うわさにさそわれ」
カトリック聖歌
「うるわしくも」
でした。

オルガン演奏は、
W.バード
「栄光を与えたまえ、主よ」
G.フレスコバルディ (グレゴリオ聖歌とオルガンの交互唱)
「この主の証聖者」
霜坂秀一
「コラール『天におられる私たちの父よ』(または「主なれに語りぬ」)」
H.ムリル
「カリヨン」
でした。

祈りは、
主の祈り
共同祈願
祈願と祝福
でした。

今回の進行(敬称略)は、
オルガン:霜坂秀一
聖歌隊:Angelica
司祭:田丸篤神父
でした。

今回歌った「うわさにさそわれ」は、讃美歌355番「主をあおぎみれば」と同じメロディでした。
  1. 2015/03/17(火) 21:43:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の浅草橋教会フレッシュタイムコンサート


今月も、浅草橋教会フレッシュタイムコンサートに行きました。

曲目は、
「イエス・キリスト我らの救い主」
J.S.バッハ
「あがない主にみ栄えあれ」
F.シューベルト
「み弟子らに囲まれ」
J.S.バッハ
「汝のみ座の前に歩みいで」
讃美歌136番
「血しおしたたる主のみかしら」
J.S.バッハ
「主の十字架の死 ロ短調 ミサ」
「我ら悩みの極みに在りし時」
「イエス・キリスト我らの救い主死より復活され」
でした。

今回はパイプオルガンの演奏で、演奏者(敬称略)は、
伊藤愛子
でした。
  1. 2015/03/10(火) 19:03:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

派遣神学生最後の日

神学校から派遣されて来た神学生が今日、1年間の御用を終え最後の日を迎えました。

4月から別の教会で伝道師となるとのことです。

私が通う教会に派遣されて派遣期間の1年が経ちますが、月日が流れるのは早いです。

毎週朝の親と子の礼拝でパソコンの操作を手伝ってもらったりして感謝しています。
それから聖書のお話しも分かりやすかったです。

今日は通常の主日礼拝でも説教でお話しを聞くことが出来ました。

これからは新しく赴任する教会でも頑張ってほしいですね。
  1. 2015/03/08(日) 21:54:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京芸術大学オルガン科コンサート第2夜へ



今日の夜は、先週に引き続き霊南坂教会での東京芸術大学オルガン科コンサートに行きました。

今日は第2夜となります。

曲目と演奏者(敬称略)は、
J.S.バッハ
「前奏曲とフーガ ニ長調 BWV532」
演奏者:山司恵莉子
J.S.バッハ
「幻想曲とフーガ ト短調 BWV542」
演奏者:阿部翠
C.フランク
「コラール 第二番 ロ短調」
演奏者:本田ひまわり
M.レーガー
「『ハレルヤ、ほむべき神はわが心の喜び』による幻想曲とフーガ Op.52No.3」
演奏者:栗田麻子
J.S.バッハ
「クラヴィーア練習曲集第3巻より」
“前奏曲 BWV552/1”
“これぞ聖なる十戒 BWV678”
“天にまします我らの父よ BWV683”
“フーガ BWV552”
演奏者:紺野麻衣
L.ヴィエルヌ
「オルガン交響曲 第6番 作品59より」
“第1楽章 イントロダクションとアレグロ”
“第2楽章 アリア”
“第5楽章 フィナル”
演奏者:原田真侑
でした。
  1. 2015/03/06(金) 23:07:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月の鳥居坂教会パイプオルガンコンサート



今日のお昼は、鳥居坂教会のパイプオルガンコンサートに今月も行きました。

先月は体調を崩して行けなかった為、行くのは2ヶ月ぶりになります。

曲目は、
D.ブクステフーデ
「トッカータ ヘ長調 Buxwv156」
E.ジグー
「オルガンのためのグレゴリアンアルバム 第2巻より」
『レによる終止の音楽集より』
“No.46 アレグロ モデラート”
“No.47 アンダンテ マエストーゾ”
“No.48 アレグロ”
“No.49 アレグレット”
“No.50 グラーベ マエストーゾ”
“No.51 モデラート アッサイ (アーメン コーラス)”
“No.52 レント (アーメン コーラス)”
“No.53 アンダンテ”
J.S.バッハ
「前奏曲とフーガ ホ短調より フーガ BWV548」
でした。

今回の演奏者(敬称略)は、
米山浩子
でした。
  1. 2015/03/06(金) 15:01:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0